サラベー饅頭

 IMG_3729

 サラサベッコウタマガイが好きな木村です。僕はこの貝をサラベーと呼んでいます(名前が長いので)。

 以前、ひとりごとでも紹介していますので、まずはこちらを読んでください。<ここをクリック

 現在、サラベーたちはハダカカメガイ(クリオネ)と同じ水槽で展示しています。しかし、クリオネの知名度が高すぎるのか、動かないからか、ほとんど注目されません。地味なサラベーに興味を持ってもらえるにはどうしたらいいだろうか??悩んだ末に閃きました!実際にサラベーに触ってもらおう!ということで、7月23日に開催された「年間パスポートファン感謝デー」で「サラサベッコウタマガイにさわってみよう!」というイベントを開催しちゃいましたー♪♪

IMG_3755

IMG_3753

どんな手触りかな~?

 皆さん何かよく分からない生物に恐る恐る触っていました(笑)。でもこれが貝だと説明すると、「こんな貝がいるんだ!」と、ほとんどの方が驚いていました。実際に触った感想は「触ってる感じがしない」というのが一番多かったです。他にも、「ふわふわしてる」、「クラゲみたい」、「気持ちいい」、「プリンみたい」などなど様々な感想をいただきましたよ。多くの方に、深海に棲む不思議な貝に触るという初めての体験をしてもらうことができ、大好評だったと思います。

 さらにさらに、以前のひとりごとでサラサベッコウタマガイ饅頭を商品化したい!と書いたのですが、なんと今回のファン感謝デーでそれが実現したんです☆

 ジャーン!!!

 

サラサベッコウタマガイ葛饅頭

サラサベッコウタマガイ葛饅頭

 このサラベー饅頭は、地元のお菓子屋さんの昌栄堂の工場長さんに、実際にサラベーを触ってもらったうえで、サラベーをイメージして作っていただいたので、模様はもちろん手触りまでサラベーに似ているというこだわりの逸品です。サラベーの模様はもち米で再現していています。この葛饅頭はファン感謝デーの時に無料でお客様に試食していただきました。こちらも大好評だったので、ぜひとも魚津水族館オリジナル商品として売り出したいですね!

ダイバーさんと記念撮影!

こんにちは!

世界最大級の淡水魚ピラルク

世界最大級の淡水魚ピラルク

今回紹介するのはピラルク水槽に登場するダイバーさんです!

実は、大水槽だけではなくここでもダイバーさんに会えるのです

大水槽のように毎日は現れませんが、週に1度水槽の掃除のため1時間ほどピラルク水槽に出現(=゚ω゚)ノ

IMG_2456

大きな魚に囲まれてせっせと水槽を掃除します(笑)

もし、ピラルクの水槽でダイバーさんに会えたらとてもラッキー☆

夕方に掃除していることが多いです!

魚名板

最近、このようなプラカードも作りました!

カメラを片手にダイバーさんに手を振ってみてください!

逆立ち~笑

逆立ち~笑

image1

命!

こんな風に面白いポーズをとってくれますよ笑

きっといい思い出になるはずです(*^^*)

身近な場所に!

1日から夏の特別展「~夏だっ!大人も子供も自由研究~」が始まりました!

展示している生き物はドジョウ、マコガレイ、ニホンアマガエル、カブトムシなど私たちの身の回りにいる生き物!

でも身の回りってどこ?って思われたみなさん、例えばこんな場所です♪

1467383358924

水族館から車で5分もかからない、ごく普通の港

 

先日、この港に不破学芸員と二人で生物採集に行ってきました。40分ほどでたくさんの生物を集めることができましたよ!

1467383365712

チャガラ・アミメハギ・コモンフグなどなど

 

ちなみに港や磯などへ観察に行くときはこんな格好がベスト(^◇^)

DSC_1148

特別展会場で写真撮影ができます☆

 

帽子、ライフジャケット、胴長、たも、あとは記録用にカメラやメモ帳も!

今回の特別展では生き物がいる身近な場所、さらに自由研究のテーマ決めからまとめ方、飼育方法などを紹介しています!

「夏休みの自由研究どうしよう~?」ってお困りの皆さん、魚津水族館に来て自由研究の参考にされてはいかがでしょうか?

キイロサンゴハゼのお引っ越し

今年度から魚津水族館の飼育員として働いている西馬(サイバ)です!

変わった苗字ですが覚えてもらえたらうれしいです‼

担当はサンゴ礁コーナーなどです!

今日はお引っ越しさせたお魚の紹介です(^^)/

きいろ

小さくてかわいいキイロサンゴハゼ♪

最近ミドリイシなどを展示しているサンゴの水槽からキイロサンゴハゼを別の水槽に移動させました!

image6

引っ越し前の水槽

今まで2匹は広―い水槽で生活していましたが、しましま模様のミスジリュウキュウスズメダイとヨスジリュウキュウスズメダイ、ショウグンエビのいる水槽にお引っ越し!

image13

引っ越し先の水槽

たくさんの魚に囲まれて少しビビリ気味のキイロサンゴハゼは、水槽の隅っこに張り付いています(笑)

プレゼンテーション1

本来、キイロサンゴハゼはサンゴの隙間などに隠れて生活しているので...

なので、ハゼたちが落ち着けるように、張り付いているところの近くのサンゴをほかのサンゴから離して小島を作ってあげました☆

さ、これで安住の地ができたぞ...

image5

せっかく離れ小島を作ったのに、2匹は相変わらず水槽の隅っこに(*_*)

え、どこにいるかわからない?

image1

ここですよ~!

私の作った離れ小島は気に入ってくれなかったようなので、改良して2匹の落ち着ける場所を作ってあげたいと思います!

水族館に来たときはぜひキイロサンゴハゼを探してみてください!(^^)!

アユ解禁

6月16日からアユ釣りが解禁となり、本格的にアユのシーズンがやってきました!

今年は展示のアユを自分で釣りたい!ということで、釣りに詳しい館長に弟子入りして、人生初のアユ釣りに挑戦してきました (・∀・)/

では、早速アユ釣りにトライ!!

竿の長さは約8メートル!館長は片手で操っています!

竿の長さは約8メートル!館長は片手で操っています!

8メートルの竿なんか持ったことがなかったので、どんなもんなのかと思ったらこれがやたら重い…。

片手では竿をうまく動かせないため、私は両手で…。

片手では竿をうまく動かせないため、私は両手で…。

今回は毛針釣りなので、糸の先にはこのような毛針が付いています。

館長の毛針コレクション。これはまだまだほんの一部です。

館長の毛針コレクション。これはまだまだほんの一部です。

種類が多すぎて初心者の私にはいまいち違いがわからないので、とりあえずピンっと来たやつをチョイス。

今回はこれ!

今回はこれ!

中に沈めた毛針をゆっくり上下させてアユを誘うのですが、これがまた腕にくるんです…。重い竿に腕がやられそうになりながらしばらく上下させ続けていると、、、きました!アユヒット!!

小さい体ですが引きが強いのにビックリ!無事、人生初のアユを釣りあげました(^^)

小ぶりですが、立派なアユです!

小ぶりですが、立派なアユです!

館長のおかげで無事数がそろったので、早速アユたちを展示水槽へ~!

釣れたて天然のアユは美しいです!

釣れたて天然のアユは美しいです!

実は、アユのいいところはこの美しさだけじゃないんですよ!なんと、水槽内の石に生えたコケを食べてくれるんです!掃除の手間が省けて助かります笑

アユは川で産まれてすぐ海へ下り、しばらく動物プランクトン等を食べて生活すると、再び川へ遡上します。川に戻ってくると植物食へと食性が変化するため、川でアユを見てみると、石に生えたコケをハミハミしているところも観察することができます。

アユがコケを食むと笹の葉のような跡が残ります。

アユがコケを食むと笹の葉のような跡が残ります。

見て美しい、釣って楽しい、食べて美味しい、飼って助かる笑

アユはいいところだらけなんですよ(・∀・)

水みらい 学校水族館の下見

先日、富山テレビ放送等と共催で行っている

水みらプロジェクト「チャレンジ学校水族館」

の下見に行ってきました。

「チャレンジ学校水族館」は応募があった富山県内の小学校の児童たちと近所の水辺へ採集に出かけ、

身近な水生生物の飼育観察をするというものです。

 

今回下見に行ったのは、富山県東部のとある場所です。

本来であれば、小学校の近くの川で生物採集をするのですが、

対象の小学校うち近くに川がない学校があったので周辺の環境を見てまわることにしました。

まずは、小学校の近くの用水でビオトープっぽく改良された場所を発見!

IMG_2013s

 

採集に入ってみたものの、魚はタカハヤ1個体のみ( ;∀;)

IMG_8128s

このほか、コガムシとオニヤンマのヤゴが大量💦

続いて、ちょっと小学校から離れた小川へ。

IMG_8133s

IMG_8136s

タカハヤとオニヤンマのヤゴ。ほかはノトマイマイが1個体・・・

こちらもタカハヤ1個体のみ( ;∀;)

3ケ所目はこの小川の上流へ。

IMG_2020s

こちらでは全長12㎝超えのBIGタカハヤが入りました!

IMG_8141s

フルサイズのビッグタカハヤ!!

ん~~ 子供たちと採集に入るのはこのあたりかな?

と、めぼしをつけて帰館しました。

 

【追伸】

大好きなトンボにはたくさん会えましたよ~(^O^)

楽しい季節になってきました!

 

IMG_8137s

ミヤマカワトンボ

IMG_8138s

ニホンカワトンボ(淡橙色翅型)

IMG_2019s

ニホンカワトンボ(橙色翅型)

IMG_2022s

ハラビロトンボ

IMG_2021s

シオカラトンボ

ドチベビー誕生

 5月8日の朝、ドチサメが“出産”しました。ドチザメは母親の胎内で卵がかえる卵胎生なので、生まれた時から親とまったく同じ姿をしています。

IMG_1582

突然の出来事に慌てふためく飼育員たち(笑)

 別のドチザメに食べられてしまう恐れがあるため、急いで赤ちゃんをすくい出しました。赤ちゃんは合計4匹生まれ、そのうち2匹は残念ながら死産でしたが、元気だった2匹の赤ちゃんはバックヤードで飼育を始めました。2匹はいずれもメスだったので、勝手に「マナ」「カナ」と名付けちゃいました。

 

マナちゃん 小さな黒い点々が目立つ

マナちゃん 小さな黒い点々が目立つ

カナちゃん 縞模様が細かい

カナちゃん 縞模様が細かい

 ドチザメの赤ちゃんは生まれてすぐにエサを食べるのですが、マナカナはなかなかエサを食べてくれません。スルメイカやホタルイカ、アサリなどを顔の前に近づけると、「うわ~」って感じで身をひるがえします。そろそろ食べてくれないとまずいと思い始めた5日目の朝、地元の甘エビ漁をしている漁船から深海魚を搬入した際に、甘エビが数匹混じっていました。その甘エビはとっても美味しそうだったので、自分で食べたい衝動を抑えつつ、殻を剥いてマナとカナにあげてみました。すると今まで全然反応のなかったマナが甘エビに食らいついたのです。カナもその3日後に甘エビを食べてくれました。二匹がエサを食べてくれてようやく一安心です。

 エサを食べ始めて1週間ほどは甘エビ以外のエサをあげると、口には入れるのですが、吐き出すことが多かったです。でも最近は色々なエサを食べれるようになってきて、生まれてからちょうど1カ月たったのを期に親の水槽の隣で展示を開始しました。

成魚の迫力が凄い…

成魚の迫力が凄い…

 展示は8月31日までの期間限定です。

 とっても可愛いドチザメの赤ちゃん、いつ見るの?今でしょ!

今年は早めに!

突然ですが、みなさん最近暑いと思いませんか?まだ夏前なのに30℃近い日が何日も。

僕は暑いのが苦手です(+_+)

うおすいの人気者のアザラシ・ペンギン達も日本の夏の暑さにはあまり強くありません。そこで毎年6月中旬に暑さ対策の日除けをプールに設置しています。しかーし!こんなに暑い日が続いていたらアザラシ・ペンギン達、そして担当している飼育員が干からびてしまう!ってことで今年は例年より10日ほど早く6月3日に設置しました。

IMG_1776

DSCN7490

アザラシプールにはすだれ、ペンギンプールには遮光ネットを取り付けました。

 

DSCN7501

IMG_1782

日陰ができて見た目も涼しげ~♪

 

これで今年の夏も乗り切れるはず!

 

それと、日除けをつける前にアザラシの繁殖期が終了したので繁殖抑制のため隔離していたイケメンアザラシのクウを、ミミ・まちこ・ハルのプリティウーマンたちと同居させました( *´艸`)

実は昨年産まれたハルとお母さんのまちこ、お父さんのクウが一緒のプールで泳ぐのは初めてなんです!

IMG_1751

ゲートオープン!!

 

4頭がどんな反応するのか見てたら・・・なぜかみんなで狭いプールへ!

IMG_1762

混雑してる(笑)

でもしばらくするとそれぞれリラックスした体勢でくつろいでいました。

とりあえずこれで一安心かな(^^)

 

生え変わりな季節

5月になり、すっかり暖かくなりました。

この時期、ゴマフアザラシ達は1年に1度、全身の毛が生え変わる換毛の季節。

もちろん、魚津水族館の4頭のゴマフアザラシ達も例外では無く、各々が換毛に励んでいました。

いつもはプールを元気に泳いだり、顏だけ出して浮かんでいるアザラシ達ですが…

 ミミ1

どーん!と相変わらず貫禄のあるミミ。

クウ1

クウはなんだかスリムに!?ダイエットは先を越されました!

まちこ1

うら若きレディのまちこもこの時ばかりはお腹まるだしです。

ハル2

胡麻斑模様になってからの換毛は初めてのハル。換毛開始は一番乗りでした。

換毛中のアザラシは陸上で眠っている事が多く、プールにはあまり入りたがらなくなります。

DSC_0052

乾いたアザラシの毛はこんなにフサフサ。

普段だと濡れて全身ツルツルで、お客さんから「毛は生えているの?」と聞かれる事も多いアザラシ達なので、フサフサに毛の乾いたアザラシを見る事が出来た換毛期シーズンは中々珍しい光景だったかもしれませんね。

イネのために!

今年も田んぼの生物多様性コーナーの水田で田植えを行いました!

二人で植えると早ーい!!

二人で植えると早ーい!!

今回は新人の西馬さんにも手伝ってもらったので、とてもスムーズに終わりましたよ(^^)

じつはこの田植えの前に水田内の泥を入れ替える作業をしました。こんなこともしてるんだ!ってみなさんに知ってほしいのでその様子をお伝えします!

まず、イネを提供してくれる農家さんの水田から泥をもらいます。

 

ネチャネチャの泥をスコップで掘るのはかなりハード(+_+)

ネチャネチャの泥をスコップで掘るのはかなりハード(+_+)

 

水族館に泥を持ち帰ると、水槽に入れる前に手でほぐします。泥が固まっているとイネが均等に育たないので、なるべく細かくします。いわゆる「代掻き」という作業ですね。

遊んでるわけじゃないよ!この作業の後、手がつやつやに!泥パック効果?(笑)

遊んでるわけじゃないよ!この作業の後、手がつやつやに!泥パック効果?(笑)

そしていよいよ泥の入れ替えです!水槽内に平らに泥を敷いていきます。

なるべく濁りを最小限にするため、そ~っと入れ替えます。

なるべく濁りを最小限にするため、そ~っと入れ替えます。

1461231819591

作業を終えるといつのまにか顔に泥が!一仕事終えた良い顔してます(笑)

DSCN7050

そして田植え後の水槽。やはり田んぼの主役はイネですね!

収穫までの数か月間、しっかりお世話するぞー!