甥っ子自慢!

みなさん、あけましておめでとうございます。今年も魚津水族館をよろしくお願いします。

突然ですが、僕には甥っ子が3人います。

※ちゃんとお年玉をあげていますよ(笑)

先日、その中の小学1年生の甥っ子が魚津水族館の絵を描いてくれました。

14806823478122

富山湾大水槽の絵だそうです♪

水槽内を泳ぐブリや水中トンネルなどが描かれています!

そしてなぜかリュウグウノツカイも!

「泳いでるとこんな感じかな~」と想像して描いたそうです。

リュウグウノツカイは泳いでいませんが、富山湾大水槽横に模型と標本は展示していますよ!

%e3%83%aa%e3%83%a5%e3%82%a6%e3%82%b0%e3%82%a6

自分が働いている水族館の絵を描いてくれると、恥ずかしい気持ちもありますが、やっぱり嬉しいです(^^)

甥っ子にとって、自慢のおじさんになれるように仕事をもっと頑張るぞ~!

ブリ歳暮

プロの独身だった草間ですが、今年の夏についに入籍いたしました!

今はやりの契約結婚ではありませんよ(笑)

周囲からはこのまま結婚できないのでは、、、と心配されていた僕ですが、見る目のある(奇特でモノ好きな)女性が救いの手を差し伸べててくれました!感謝です!

先日、嫁さんのご実家(富山県富山市)から僕の実家(長野県松本市)へお歳暮が届きました。

なんと、氷見の寒ブリがまるごと1匹!!で、デカイ!!

父「お…重い!早く写真撮って!!」

父「お…重い!早く写真撮って!!」

富山には、娘が結婚した年に、その嫁ぎ先にブリをお歳暮に贈る「ブリ歳暮」という習慣があります。そして、その半身を嫁の実家へ返します。

とても自宅では捌けなかったので実家近くの魚屋さんにお願いすると、「松本ではこんな立派なブリを滅多にお目にかかれない!腕が鳴るぜ!」と大興奮でした。

綺麗に捌かれた切り身

綺麗に捌かれた切り身

今回は、ご好意により半身の返礼は無しということで、全部いただきました!

伝統的な習慣を目の当たりにして、結婚は本人同士だけでなく、家と家との繋がりも大切にしていかなければと再認識しました。

本当にありがとうございました!

稲がお米になるまで②

遅くなりましたが、前回の続きです!

前回は「脱穀」まで行い、なんとかお茶碗一杯になりました(笑)

dscn9956

今回は「もみすり」です!

まず、すり鉢と軟式の野球ボールを用意します。

dscn9957

そしてすり鉢にもみを少量入れて、野球ボールでゴリゴリとすっていきます。

dscn9958

dscn9972

もみすり中!

 

すると、きれいにもみ殻が外れるんです!

dscn9960

dscn9962

手に乗せてみました。もみ殻が外れているのがわかりますよね♪

なんで軟式の野球ボールか調べたところ、すりこぎ棒を使うと米が割れてしまうらしく、少し弾力のある野球ボールが適しているようです。

とりあえずこれだけもみすりしましたが・・・、

dscn9963

まだこんなにあります(+_+)

dscn9964

お茶碗一杯分でもすごく大変!まだまだ白米になるまで先は長そうですが、めげずに

頑張ります!!!

稲がお米になるまで①

みなさんこんにちは!飼育員兼農家見習いの泉です(笑)

すでに飼育員のカメラでお伝えしましたが、先月田んぼの生物多様性コーナーで稲刈りをしました。

1473565628667

稲刈りの様子

刈り取った稲は腐ったり、カビが生えたりしないように乾燥させる必要があります。

晴れた日に、昔ながらの方法「はさ掛け」で天日干しさせました!

dscn8800

お日様の光を浴びて稲も気持ち良さそう!

はさ掛けで乾燥させた後は「脱穀」です。

どんな感じで脱穀するかというと、

 

まずお茶碗と、稲を適量用意します。

dscn8863 dscn8853

そして稲の上にお茶碗をかぶせて稲をゆっくり引っ張ります。

すると・・・なんということでしょう!ブチブチっと心地いい音を立てて、もみが外れていくではありませんか!

dscn8856

こんな風にきれいに外れます。ポイントは一度に欲張ってたくさんの量を脱穀しないこと♪

dscn8858

まだ全て脱穀してませんが、こんなにとれました!

お茶碗一杯分にはなりそうな予感(^^)

脱穀の次はもみ殻を剥いていく「もみすり」をします。次回もお楽しみに~!

ブリが増えました!

富山湾大水槽にブリを60匹追加しました!

今回も1階から3階まで1匹ずつ網に入れて飼育員が運びました(^O^)

dsc06513ブリ運搬チーム集合!カッパを着て準備万端!!

dsc06518いよいよ搬入開始♪

dsc06543魚を受け取って・・・

dsc06536階段を上ります(T_T)笑

dsc06545後は水槽にそっと放すだけ(^^♪

5人で運んだのでこれを1人あたり12回繰り返しました。みんなヘトヘトになりましたが、元気に泳いでいる姿を見ると疲れも半分は吹っ飛びました!

dsc_2635左上で群れをつくって泳いでいます。

まだダイバーが与えた餌は食べませんが、水槽の上から与えると食べます。

ダイバーショーでたくさんのブリが餌を食べている姿を見られる日もそんなに遠くないかも?!

ハロウィン展開始!

今年もハロウィン展を開催します\(^o^)/

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

富山湾大水槽のトンネルとバックヤードを飾り付け☆

今年は、手作りリースもあります。水族館らしくリースにはホースを使い、貝で飾り付けしてみました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

1474773305988貝の顔はうおすいサポーターにかいてもらいました!

そして去年のハロウィンダイバーはガイコツに変身したのですが、今年はかわいい魔女に変身します!!

トンガリ帽子と黒のスカート、今年は4年ぶりにホウキも持って泳ぎますよ~♪

dsc_2055ホウキギターも出来ます。

ハロウィン展は10月31日までで、ハロウィンダイバーは期間中の土日祝日と最終日に登場しますよ★

あそびに来てね~!

富山県のヨシノボリ大集合の道のり(ルリヨシ編)

現在、当館では富山のヨシノボリ全7種類が見られるというマニアックな展示を行っております。

「7種揃うと龍が出てきて願いが叶う★」という噂があるとかないとかいう話はおいといて…

クロヨシノボリが県内で超レア種なのは前回の齋藤飼育員のひとりごとでもありましたが、

ルリヨシノボリ(以下ルリヨシと略記)もなかなかレアで、捕りにいって捕れるものではありません。

しかし、今年はルリヨシのアタリ年でもあったので、

7種のヨシノボリが勢揃いする展示に至ったわけです。

と いうことで、以下、ルリヨシ展示にいたるまで。

クロヨシノボリを採集し帰る道中で…

不破「富山のヨシノボリ全種展示いけるかもね?」

齋藤「でも今ルリヨシが展示にいないんです…」

不破「マジか~…でもせっかくだから勢揃いでいきたいよねー」

なんて言っていたおり、

休日、夏休み中の息子が川へ泳ぎに行きたいというので、

子守りがてらルリヨシ探しをすることにしました。

IMG_8636

1本目。ルリヨシを採集したことのある県東部のとある川。

流れが結構ある場所に潜ると…

いたいた!

IMG_8644

 

頬の青い斑点☆ルリヨシはヨシノボリの中でも特に派手なので潜れば見つけられる自信がありました。

しかし、個体数はやはり少ない。

というか この川で出会えたヨシノボリ類はルリヨシ2個体のみ…不思議

IMG_8665

アユカケはたくさんいました♪

2本目

IMG_8679

こちらもまばらながらルリヨシを採集したことがある川

流れの緩やかな堰の下に潜るとトウヨシノボリ、シマヨシノボリの宝庫♥

息子とキャーキャー言いながら堰の直下の流れの強いところに潜ると・・・いました!

オオヨシノボリに混じりルリヨシが!

IMG_8674

自慢の吸盤力を活かして激流の岩にくっつくオオヨシノボリ。

オオヨシノボリが流れのある環境を好むことは以前から川の中で観察していましたが、

ルリヨシもそうなのかもしれません。

IMG_3832

オオヨシノボリ。胸ビレの黒い点、尾ビレの付け根の黒い線が特徴的

IMG_3840

探し求めたルリヨシノボリ。美しすぎる☆☆☆

その後、たくさんのルリヨシを発見しましたが、展示する分だけを確保し水族館へ直行しました(^^)

どれも似ていて区別が難しいヨシノボリたちですが、じっくり観察するととても魅力的なハゼです。

7種揃っているうちに、うおすいに来て水槽にグッと近づき、

おでこと鼻先を水槽にくっつけてじっくりと観察してみてくださいwww

おまけ

大好きなカジカ(大卵型)もたくさんいましたよっ(*^^)v

IMG_8700

3匹います。見つけられるかな?

マニアも集まれ~!富山のヨシノボリ全員集合!

ヨシノボリ好きの方は必見!なかなかマニアックな展示を富山の河川コーナーと田んぼの生物多様性コーナーで開始しましたよ(^o^)/

なんと、富山県に生息しているヨシノボリの仲間、ゴクラクハゼ、シマヨシノボリ、ルリヨシノボリ、オオヨシノボリ、クロヨシノボリ、トウヨシノボリ、カワヨシノボリを、今なら全てうおすいで見ることができちゃうんです!

富山県の上市川が日本海側における分布の東限であるカワヨシノボリ

富山県の上市川が日本海側における分布の東限であるカワヨシノボリ

そもそもヨシノボリってなによ?という方のために説明すると、ヨシノボリは川にすむハゼの仲間で、一生を川だけで過ごすものと、川と海を行き来するものがいます。腹ビレは吸盤のようになっていて、速い流れの中でも石にくっつくことで、流されずに泳ぐことができるのです!この吸盤なら葦(植物)にも登れるだろうということで「葦 登(ヨシ ノボリ)」という名前になったそうですが、実際葦に登っている姿を見たことはありません…笑

腹ビレの吸盤

腹ビレの吸盤

中でもこのオオヨシノボリ♂の吸着力は群を抜いています!!\(◎o◎)/

中でもこのオオヨシノボリ♂の吸着力は群を抜いています!!\(◎o◎)/

富山県の河川の中・下流域には、シマヨシノボリやトウヨシノボリ、ルリヨシノボリ、ゴクラクハゼが、上・中流域にはオオヨシノボリやカワヨシノボリが見られます。しかし、クロヨシノボリは近年、全く姿が確認されていませんでした。それがなんと、今年13年ぶりに県西部で発見されたのです!!(゜o゜)ということで、ひみラボ水族館の西尾さん、川上さんと一緒にクロヨシノボリの生息地調査へ行ってきました。クロヨシノボリが見つかったという川へ行ってみると、えーこんなところに本当にいるのー??という環境…。川でクロヨシノボリに出会ったことがなかったので、半信半疑で調査していると、ようやくクロヨシノボリに出会うことができました(^^)

ん?ピント合ってないけど、これクロヨシ…?

ん?ピント合ってないけど、これクロヨシ…?

水槽に入れてよく見てみると、す~っごく美しい!

水槽に入れてよく見てみると、す~っごく美しい!

クロヨシノボリを見たい方はぜひうおすいへ (^o^)/また、ヨシノボリの仲間7種類の見分け方もパネルで紹介しているので、ぜひこのマニアックな魚たちを全種類制覇してください!もしどれがどれだかわからなかったら、気軽に私を呼んでくださいね(^^)じっくり見分け方を伝授しちゃいます!

さぁ、みんなで富山のヨシノボリマスターになりましょ~!

フナムシとミサゴ

小中学生の皆さん、夏休みの宿題は順調にこなせていますか?まだ自由研究が終わってない人は、うおすいの特別展で自由研究の進め方やまとめ方などを紹介しているので参考にしてみてください。

IMG_4059
今回は特別展の「海岸の生き物水槽」を紹介します。

大きな水槽にデデンと置いてある岩をよく見ると、その上で何やら動いています。

IMG_4518

ワサワサワサ・・・

そうです、「海辺のゴッキー」ことフナムシです。この水槽を見たお客様から時々悲鳴が聞こえてきます…。ほとんどのお客様に不人気なフナムシですが、よく見ると可愛い顔をしているんですよ。

つぶらな眼がかわいいでしょ

つぶらな眼がかわいいでしょ

アクリルガラス越しであればとびかかってくる心配はないので、勇気を出して観察してみましょう!
ところで、よくよく見るとフナムシの背後に気になる影が二つ・・・。

IMG_4060
背景の青空には僕が海辺で撮影してきたミサゴというワシの仲間の写真を張り付けました。ミサゴは夏でも富山湾の海辺で見られる代表的な大型の鳥です。大きさはトビ(とんび)と同じくらいですが、色が白っぽいことと、翼がやや細長いことで見分けることができます。魚食性で海や川で魚を捕まえて、安全な場所に持っていって食べます。

これがほんとの鷲掴み

これがほんとの鷲掴み

ちなみに、よく見ると右側のミサゴが魚を持っているのですが、この魚はウグイです。

ウグイは富山の河川コーナーと波の水槽で展示しています

ウグイは富山の河川コーナーと波の水槽で展示しています

 

フナムシやミサゴに興味を持った方は海辺に行って探してみましょー。フナムシは足元を、ミサゴは空をよ~く探してくださいね。

羽化羽化してたら夏は終わる!?

夏休み、始まりましたね。自由研究はもう取り組んでますか?

今年の特別展は、「夏だ!大人も子供も自由研究」

IMG_3526

8/31まで開催中~

 

というわけで、自由研究のテーマが決まっていない君!

うおすいへ走れーーーw!!

特別展のなかでも今回は、私の愛するヤゴ(トンボ)をテーマとしたコーナーを紹介します(^O^)

 

ヤゴ飼育コーナー

IMG_3527

ヤゴの飼い方について解説!ほかにもヤドカリ、マイマイ、ザリガニ、アマガエルなどの飼い方解説もアリ

ヤゴは活餌がメインとなりますので、飼育は簡単ではありません。

しかし、トンボに成った時の喜びはひとしお。ジミーなヤゴからあんなに美しいトンボに変態するなんて!!!

育ての親しか見られないステキな姿が見られるので、ヤゴ飼育おすすめです(^^)v

 

脱皮殻標本を作ろう のコーナー

IMG_3528

 

IMG_3529

見たことあるトンボでもヤゴは見たことがないものも☆

脱皮殻(羽化殻)標本の作り方を紹介したコーナー。

「標本て薬を使ったり虫を針で刺したり気がのらないな~」 と思った君!

脱皮殻なら空っぽだから薬を使わない!お湯でふやかして整えて乾かすだけ!

記録を添えれば ハイ完成☆

(展示コーナーではどの種の脱皮殻かわかるように成虫標本も展示しております)

脱皮殻を見比べてみよう のコーナー

IMG_3531

ここは、僕のヤゴ殻コレクションの一部を紹介。展示種数は31種!

IMG_3532

ほらほら!憧れのヤンマたちがズラリ!

IMG_3535

剣山に割箸スタイルがカッコイイでしょw家にも飾りたい♥

こんなにいろんなトンボの脱皮殻を見比べる機会はきっとないでしょうw

忘れないでください。ここは昆虫館ではなく水族館ですwww

 

どうですか?トンボをテーマに自由研究したくなりました?

当館では夏休み期間中の土日(8/13.14を除く)10:40と13:20に自由研究の相談会を行っています。

 

IMG_3536

トンボの相談は8/20、8/27にどうぞ~

夏だ!大人も子供もうおすいへ~Lets go(^^)/