ハロウィン展開始!

今年もハロウィン展を開催します\(^o^)/

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

富山湾大水槽のトンネルとバックヤードを飾り付け☆

今年は、手作りリースもあります。水族館らしくリースにはホースを使い、貝で飾り付けしてみました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

1474773305988貝の顔はうおすいサポーターにかいてもらいました!

そして去年のハロウィンダイバーはガイコツに変身したのですが、今年はかわいい魔女に変身します!!

トンガリ帽子と黒のスカート、今年は4年ぶりにホウキも持って泳ぎますよ~♪

dsc_2055ホウキギターも出来ます。

ハロウィン展は10月31日までで、ハロウィンダイバーは期間中の土日祝日と最終日に登場しますよ★

あそびに来てね~!

富山県のヨシノボリ大集合の道のり(ルリヨシ編)

現在、当館では富山のヨシノボリ全7種類が見られるというマニアックな展示を行っております。

「7種揃うと龍が出てきて願いが叶う★」という噂があるとかないとかいう話はおいといて…

クロヨシノボリが県内で超レア種なのは前回の齋藤飼育員のひとりごとでもありましたが、

ルリヨシノボリ(以下ルリヨシと略記)もなかなかレアで、捕りにいって捕れるものではありません。

しかし、今年はルリヨシのアタリ年でもあったので、

7種のヨシノボリが勢揃いする展示に至ったわけです。

と いうことで、以下、ルリヨシ展示にいたるまで。

クロヨシノボリを採集し帰る道中で…

不破「富山のヨシノボリ全種展示いけるかもね?」

齋藤「でも今ルリヨシが展示にいないんです…」

不破「マジか~…でもせっかくだから勢揃いでいきたいよねー」

なんて言っていたおり、

休日、夏休み中の息子が川へ泳ぎに行きたいというので、

子守りがてらルリヨシ探しをすることにしました。

IMG_8636

1本目。ルリヨシを採集したことのある県東部のとある川。

流れが結構ある場所に潜ると…

いたいた!

IMG_8644

 

頬の青い斑点☆ルリヨシはヨシノボリの中でも特に派手なので潜れば見つけられる自信がありました。

しかし、個体数はやはり少ない。

というか この川で出会えたヨシノボリ類はルリヨシ2個体のみ…不思議

IMG_8665

アユカケはたくさんいました♪

2本目

IMG_8679

こちらもまばらながらルリヨシを採集したことがある川

流れの緩やかな堰の下に潜るとトウヨシノボリ、シマヨシノボリの宝庫♥

息子とキャーキャー言いながら堰の直下の流れの強いところに潜ると・・・いました!

オオヨシノボリに混じりルリヨシが!

IMG_8674

自慢の吸盤力を活かして激流の岩にくっつくオオヨシノボリ。

オオヨシノボリが流れのある環境を好むことは以前から川の中で観察していましたが、

ルリヨシもそうなのかもしれません。

IMG_3832

オオヨシノボリ。胸ビレの黒い点、尾ビレの付け根の黒い線が特徴的

IMG_3840

探し求めたルリヨシノボリ。美しすぎる☆☆☆

その後、たくさんのルリヨシを発見しましたが、展示する分だけを確保し水族館へ直行しました(^^)

どれも似ていて区別が難しいヨシノボリたちですが、じっくり観察するととても魅力的なハゼです。

7種揃っているうちに、うおすいに来て水槽にグッと近づき、

おでこと鼻先を水槽にくっつけてじっくりと観察してみてくださいwww

おまけ

大好きなカジカ(大卵型)もたくさんいましたよっ(*^^)v

IMG_8700

3匹います。見つけられるかな?

マニアも集まれ~!富山のヨシノボリ全員集合!

ヨシノボリ好きの方は必見!なかなかマニアックな展示を富山の河川コーナーと田んぼの生物多様性コーナーで開始しましたよ(^o^)/

なんと、富山県に生息しているヨシノボリの仲間、ゴクラクハゼ、シマヨシノボリ、ルリヨシノボリ、オオヨシノボリ、クロヨシノボリ、トウヨシノボリ、カワヨシノボリを、今なら全てうおすいで見ることができちゃうんです!

富山県の上市川が日本海側における分布の東限であるカワヨシノボリ

富山県の上市川が日本海側における分布の東限であるカワヨシノボリ

そもそもヨシノボリってなによ?という方のために説明すると、ヨシノボリは川にすむハゼの仲間で、一生を川だけで過ごすものと、川と海を行き来するものがいます。腹ビレは吸盤のようになっていて、速い流れの中でも石にくっつくことで、流されずに泳ぐことができるのです!この吸盤なら葦(植物)にも登れるだろうということで「葦 登(ヨシ ノボリ)」という名前になったそうですが、実際葦に登っている姿を見たことはありません…笑

腹ビレの吸盤

腹ビレの吸盤

中でもこのオオヨシノボリ♂の吸着力は群を抜いています!!\(◎o◎)/

中でもこのオオヨシノボリ♂の吸着力は群を抜いています!!\(◎o◎)/

富山県の河川の中・下流域には、シマヨシノボリやトウヨシノボリ、ルリヨシノボリ、ゴクラクハゼが、上・中流域にはオオヨシノボリやカワヨシノボリが見られます。しかし、クロヨシノボリは近年、全く姿が確認されていませんでした。それがなんと、今年13年ぶりに県西部で発見されたのです!!(゜o゜)ということで、ひみラボ水族館の西尾さん、川上さんと一緒にクロヨシノボリの生息地調査へ行ってきました。クロヨシノボリが見つかったという川へ行ってみると、えーこんなところに本当にいるのー??という環境…。川でクロヨシノボリに出会ったことがなかったので、半信半疑で調査していると、ようやくクロヨシノボリに出会うことができました(^^)

ん?ピント合ってないけど、これクロヨシ…?

ん?ピント合ってないけど、これクロヨシ…?

水槽に入れてよく見てみると、す~っごく美しい!

水槽に入れてよく見てみると、す~っごく美しい!

クロヨシノボリを見たい方はぜひうおすいへ (^o^)/また、ヨシノボリの仲間7種類の見分け方もパネルで紹介しているので、ぜひこのマニアックな魚たちを全種類制覇してください!もしどれがどれだかわからなかったら、気軽に私を呼んでくださいね(^^)じっくり見分け方を伝授しちゃいます!

さぁ、みんなで富山のヨシノボリマスターになりましょ~!

フナムシとミサゴ

小中学生の皆さん、夏休みの宿題は順調にこなせていますか?まだ自由研究が終わってない人は、うおすいの特別展で自由研究の進め方やまとめ方などを紹介しているので参考にしてみてください。

IMG_4059
今回は特別展の「海岸の生き物水槽」を紹介します。

大きな水槽にデデンと置いてある岩をよく見ると、その上で何やら動いています。

IMG_4518

ワサワサワサ・・・

そうです、「海辺のゴッキー」ことフナムシです。この水槽を見たお客様から時々悲鳴が聞こえてきます…。ほとんどのお客様に不人気なフナムシですが、よく見ると可愛い顔をしているんですよ。

つぶらな眼がかわいいでしょ

つぶらな眼がかわいいでしょ

アクリルガラス越しであればとびかかってくる心配はないので、勇気を出して観察してみましょう!
ところで、よくよく見るとフナムシの背後に気になる影が二つ・・・。

IMG_4060
背景の青空には僕が海辺で撮影してきたミサゴというワシの仲間の写真を張り付けました。ミサゴは夏でも富山湾の海辺で見られる代表的な大型の鳥です。大きさはトビ(とんび)と同じくらいですが、色が白っぽいことと、翼がやや細長いことで見分けることができます。魚食性で海や川で魚を捕まえて、安全な場所に持っていって食べます。

これがほんとの鷲掴み

これがほんとの鷲掴み

ちなみに、よく見ると右側のミサゴが魚を持っているのですが、この魚はウグイです。

ウグイは富山の河川コーナーと波の水槽で展示しています

ウグイは富山の河川コーナーと波の水槽で展示しています

 

フナムシやミサゴに興味を持った方は海辺に行って探してみましょー。フナムシは足元を、ミサゴは空をよ~く探してくださいね。

羽化羽化してたら夏は終わる!?

夏休み、始まりましたね。自由研究はもう取り組んでますか?

今年の特別展は、「夏だ!大人も子供も自由研究」

IMG_3526

8/31まで開催中~

 

というわけで、自由研究のテーマが決まっていない君!

うおすいへ走れーーーw!!

特別展のなかでも今回は、私の愛するヤゴ(トンボ)をテーマとしたコーナーを紹介します(^O^)

 

ヤゴ飼育コーナー

IMG_3527

ヤゴの飼い方について解説!ほかにもヤドカリ、マイマイ、ザリガニ、アマガエルなどの飼い方解説もアリ

ヤゴは活餌がメインとなりますので、飼育は簡単ではありません。

しかし、トンボに成った時の喜びはひとしお。ジミーなヤゴからあんなに美しいトンボに変態するなんて!!!

育ての親しか見られないステキな姿が見られるので、ヤゴ飼育おすすめです(^^)v

 

脱皮殻標本を作ろう のコーナー

IMG_3528

 

IMG_3529

見たことあるトンボでもヤゴは見たことがないものも☆

脱皮殻(羽化殻)標本の作り方を紹介したコーナー。

「標本て薬を使ったり虫を針で刺したり気がのらないな~」 と思った君!

脱皮殻なら空っぽだから薬を使わない!お湯でふやかして整えて乾かすだけ!

記録を添えれば ハイ完成☆

(展示コーナーではどの種の脱皮殻かわかるように成虫標本も展示しております)

脱皮殻を見比べてみよう のコーナー

IMG_3531

ここは、僕のヤゴ殻コレクションの一部を紹介。展示種数は31種!

IMG_3532

ほらほら!憧れのヤンマたちがズラリ!

IMG_3535

剣山に割箸スタイルがカッコイイでしょw家にも飾りたい♥

こんなにいろんなトンボの脱皮殻を見比べる機会はきっとないでしょうw

忘れないでください。ここは昆虫館ではなく水族館ですwww

 

どうですか?トンボをテーマに自由研究したくなりました?

当館では夏休み期間中の土日(8/13.14を除く)10:40と13:20に自由研究の相談会を行っています。

 

IMG_3536

トンボの相談は8/20、8/27にどうぞ~

夏だ!大人も子供もうおすいへ~Lets go(^^)/

サラベー饅頭

 IMG_3729

 サラサベッコウタマガイが好きな木村です。僕はこの貝をサラベーと呼んでいます(名前が長いので)。

 以前、ひとりごとでも紹介していますので、まずはこちらを読んでください。<ここをクリック

 現在、サラベーたちはハダカカメガイ(クリオネ)と同じ水槽で展示しています。しかし、クリオネの知名度が高すぎるのか、動かないからか、ほとんど注目されません。地味なサラベーに興味を持ってもらえるにはどうしたらいいだろうか??悩んだ末に閃きました!実際にサラベーに触ってもらおう!ということで、7月23日に開催された「年間パスポートファン感謝デー」で「サラサベッコウタマガイにさわってみよう!」というイベントを開催しちゃいましたー♪♪

IMG_3755

IMG_3753

どんな手触りかな~?

 皆さん何かよく分からない生物に恐る恐る触っていました(笑)。でもこれが貝だと説明すると、「こんな貝がいるんだ!」と、ほとんどの方が驚いていました。実際に触った感想は「触ってる感じがしない」というのが一番多かったです。他にも、「ふわふわしてる」、「クラゲみたい」、「気持ちいい」、「プリンみたい」などなど様々な感想をいただきましたよ。多くの方に、深海に棲む不思議な貝に触るという初めての体験をしてもらうことができ、大好評だったと思います。

 さらにさらに、以前のひとりごとでサラサベッコウタマガイ饅頭を商品化したい!と書いたのですが、なんと今回のファン感謝デーでそれが実現したんです☆

 ジャーン!!!

 

サラサベッコウタマガイ葛饅頭

サラサベッコウタマガイ葛饅頭

 このサラベー饅頭は、地元のお菓子屋さんの昌栄堂の工場長さんに、実際にサラベーを触ってもらったうえで、サラベーをイメージして作っていただいたので、模様はもちろん手触りまでサラベーに似ているというこだわりの逸品です。サラベーの模様はもち米で再現していています。この葛饅頭はファン感謝デーの時に無料でお客様に試食していただきました。こちらも大好評だったので、ぜひとも魚津水族館オリジナル商品として売り出したいですね!

ダイバーさんと記念撮影!

こんにちは!

世界最大級の淡水魚ピラルク

世界最大級の淡水魚ピラルク

今回紹介するのはピラルク水槽に登場するダイバーさんです!

実は、大水槽だけではなくここでもダイバーさんに会えるのです

大水槽のように毎日は現れませんが、週に1度水槽の掃除のため1時間ほどピラルク水槽に出現(=゚ω゚)ノ

IMG_2456

大きな魚に囲まれてせっせと水槽を掃除します(笑)

もし、ピラルクの水槽でダイバーさんに会えたらとてもラッキー☆

夕方に掃除していることが多いです!

魚名板

最近、このようなプラカードも作りました!

カメラを片手にダイバーさんに手を振ってみてください!

逆立ち~笑

逆立ち~笑

image1

命!

こんな風に面白いポーズをとってくれますよ笑

きっといい思い出になるはずです(*^^*)

身近な場所に!

1日から夏の特別展「~夏だっ!大人も子供も自由研究~」が始まりました!

展示している生き物はドジョウ、マコガレイ、ニホンアマガエル、カブトムシなど私たちの身の回りにいる生き物!

でも身の回りってどこ?って思われたみなさん、例えばこんな場所です♪

1467383358924

水族館から車で5分もかからない、ごく普通の港

 

先日、この港に不破学芸員と二人で生物採集に行ってきました。40分ほどでたくさんの生物を集めることができましたよ!

1467383365712

チャガラ・アミメハギ・コモンフグなどなど

 

ちなみに港や磯などへ観察に行くときはこんな格好がベスト(^◇^)

DSC_1148

特別展会場で写真撮影ができます☆

 

帽子、ライフジャケット、胴長、たも、あとは記録用にカメラやメモ帳も!

今回の特別展では生き物がいる身近な場所、さらに自由研究のテーマ決めからまとめ方、飼育方法などを紹介しています!

「夏休みの自由研究どうしよう~?」ってお困りの皆さん、魚津水族館に来て自由研究の参考にされてはいかがでしょうか?

キイロサンゴハゼのお引っ越し

今年度から魚津水族館の飼育員として働いている西馬(サイバ)です!

変わった苗字ですが覚えてもらえたらうれしいです‼

担当はサンゴ礁コーナーなどです!

今日はお引っ越しさせたお魚の紹介です(^^)/

きいろ

小さくてかわいいキイロサンゴハゼ♪

最近ミドリイシなどを展示しているサンゴの水槽からキイロサンゴハゼを別の水槽に移動させました!

image6

引っ越し前の水槽

今まで2匹は広―い水槽で生活していましたが、しましま模様のミスジリュウキュウスズメダイとヨスジリュウキュウスズメダイ、ショウグンエビのいる水槽にお引っ越し!

image13

引っ越し先の水槽

たくさんの魚に囲まれて少しビビリ気味のキイロサンゴハゼは、水槽の隅っこに張り付いています(笑)

プレゼンテーション1

本来、キイロサンゴハゼはサンゴの隙間などに隠れて生活しているので...

なので、ハゼたちが落ち着けるように、張り付いているところの近くのサンゴをほかのサンゴから離して小島を作ってあげました☆

さ、これで安住の地ができたぞ...

image5

せっかく離れ小島を作ったのに、2匹は相変わらず水槽の隅っこに(*_*)

え、どこにいるかわからない?

image1

ここですよ~!

私の作った離れ小島は気に入ってくれなかったようなので、改良して2匹の落ち着ける場所を作ってあげたいと思います!

水族館に来たときはぜひキイロサンゴハゼを探してみてください!(^^)!

アユ解禁

6月16日からアユ釣りが解禁となり、本格的にアユのシーズンがやってきました!

今年は展示のアユを自分で釣りたい!ということで、釣りに詳しい館長に弟子入りして、人生初のアユ釣りに挑戦してきました (・∀・)/

では、早速アユ釣りにトライ!!

竿の長さは約8メートル!館長は片手で操っています!

竿の長さは約8メートル!館長は片手で操っています!

8メートルの竿なんか持ったことがなかったので、どんなもんなのかと思ったらこれがやたら重い…。

片手では竿をうまく動かせないため、私は両手で…。

片手では竿をうまく動かせないため、私は両手で…。

今回は毛針釣りなので、糸の先にはこのような毛針が付いています。

館長の毛針コレクション。これはまだまだほんの一部です。

館長の毛針コレクション。これはまだまだほんの一部です。

種類が多すぎて初心者の私にはいまいち違いがわからないので、とりあえずピンっと来たやつをチョイス。

今回はこれ!

今回はこれ!

中に沈めた毛針をゆっくり上下させてアユを誘うのですが、これがまた腕にくるんです…。重い竿に腕がやられそうになりながらしばらく上下させ続けていると、、、きました!アユヒット!!

小さい体ですが引きが強いのにビックリ!無事、人生初のアユを釣りあげました(^^)

小ぶりですが、立派なアユです!

小ぶりですが、立派なアユです!

館長のおかげで無事数がそろったので、早速アユたちを展示水槽へ~!

釣れたて天然のアユは美しいです!

釣れたて天然のアユは美しいです!

実は、アユのいいところはこの美しさだけじゃないんですよ!なんと、水槽内の石に生えたコケを食べてくれるんです!掃除の手間が省けて助かります笑

アユは川で産まれてすぐ海へ下り、しばらく動物プランクトン等を食べて生活すると、再び川へ遡上します。川に戻ってくると植物食へと食性が変化するため、川でアユを見てみると、石に生えたコケをハミハミしているところも観察することができます。

アユがコケを食むと笹の葉のような跡が残ります。

アユがコケを食むと笹の葉のような跡が残ります。

見て美しい、釣って楽しい、食べて美味しい、飼って助かる笑

アユはいいところだらけなんですよ(・∀・)