月別アーカイブ: 2016年8月

フナムシとミサゴ

小中学生の皆さん、夏休みの宿題は順調にこなせていますか?まだ自由研究が終わってない人は、うおすいの特別展で自由研究の進め方やまとめ方などを紹介しているので参考にしてみてください。

IMG_4059
今回は特別展の「海岸の生き物水槽」を紹介します。

大きな水槽にデデンと置いてある岩をよく見ると、その上で何やら動いています。

IMG_4518

ワサワサワサ・・・

そうです、「海辺のゴッキー」ことフナムシです。この水槽を見たお客様から時々悲鳴が聞こえてきます…。ほとんどのお客様に不人気なフナムシですが、よく見ると可愛い顔をしているんですよ。

つぶらな眼がかわいいでしょ

つぶらな眼がかわいいでしょ

アクリルガラス越しであればとびかかってくる心配はないので、勇気を出して観察してみましょう!
ところで、よくよく見るとフナムシの背後に気になる影が二つ・・・。

IMG_4060
背景の青空には僕が海辺で撮影してきたミサゴというワシの仲間の写真を張り付けました。ミサゴは夏でも富山湾の海辺で見られる代表的な大型の鳥です。大きさはトビ(とんび)と同じくらいですが、色が白っぽいことと、翼がやや細長いことで見分けることができます。魚食性で海や川で魚を捕まえて、安全な場所に持っていって食べます。

これがほんとの鷲掴み

これがほんとの鷲掴み

ちなみに、よく見ると右側のミサゴが魚を持っているのですが、この魚はウグイです。

ウグイは富山の河川コーナーと波の水槽で展示しています

ウグイは富山の河川コーナーと波の水槽で展示しています

 

フナムシやミサゴに興味を持った方は海辺に行って探してみましょー。フナムシは足元を、ミサゴは空をよ~く探してくださいね。

羽化羽化してたら夏は終わる!?

夏休み、始まりましたね。自由研究はもう取り組んでますか?

今年の特別展は、「夏だ!大人も子供も自由研究」

IMG_3526

8/31まで開催中~

 

というわけで、自由研究のテーマが決まっていない君!

うおすいへ走れーーーw!!

特別展のなかでも今回は、私の愛するヤゴ(トンボ)をテーマとしたコーナーを紹介します(^O^)

 

ヤゴ飼育コーナー

IMG_3527

ヤゴの飼い方について解説!ほかにもヤドカリ、マイマイ、ザリガニ、アマガエルなどの飼い方解説もアリ

ヤゴは活餌がメインとなりますので、飼育は簡単ではありません。

しかし、トンボに成った時の喜びはひとしお。ジミーなヤゴからあんなに美しいトンボに変態するなんて!!!

育ての親しか見られないステキな姿が見られるので、ヤゴ飼育おすすめです(^^)v

 

脱皮殻標本を作ろう のコーナー

IMG_3528

 

IMG_3529

見たことあるトンボでもヤゴは見たことがないものも☆

脱皮殻(羽化殻)標本の作り方を紹介したコーナー。

「標本て薬を使ったり虫を針で刺したり気がのらないな~」 と思った君!

脱皮殻なら空っぽだから薬を使わない!お湯でふやかして整えて乾かすだけ!

記録を添えれば ハイ完成☆

(展示コーナーではどの種の脱皮殻かわかるように成虫標本も展示しております)

脱皮殻を見比べてみよう のコーナー

IMG_3531

ここは、僕のヤゴ殻コレクションの一部を紹介。展示種数は31種!

IMG_3532

ほらほら!憧れのヤンマたちがズラリ!

IMG_3535

剣山に割箸スタイルがカッコイイでしょw家にも飾りたい♥

こんなにいろんなトンボの脱皮殻を見比べる機会はきっとないでしょうw

忘れないでください。ここは昆虫館ではなく水族館ですwww

 

どうですか?トンボをテーマに自由研究したくなりました?

当館では夏休み期間中の土日(8/13.14を除く)10:40と13:20に自由研究の相談会を行っています。

 

IMG_3536

トンボの相談は8/20、8/27にどうぞ~

夏だ!大人も子供もうおすいへ~Lets go(^^)/