月別アーカイブ: 2015年7月

変態技w!

現在開催中の夏の特別展 トリック展~さかなたちの㊙能力大特集~

のおすすめコーナーを紹介しますよー(^o^)/

こちら!

IMG_5841

トンボとヤゴの㊙能力コーナー♪

「またトンボかー」とか言わないで(笑)

IMG_5842

①成虫からアミダをたどると ツツー・・・

IMG_5843

②TONBOXに到達! パカッと開けば!?

IMG_5844

③そのトンボのヤゴ期の脱皮殻標本に到達!

このコーナーでは、オニヤンマ、コオニヤンマ、コヤマトンボ、コシボソヤンマを展示しています。(ヤゴは生体も展示♪)

この4種のヤゴは、富山の川で魚を採集していると必ず出会える仲間たちです。

いつの日か、どうにか彼らを展示したいと考えておりまして。。。

この特別展の展示生物を考えているときピーーンときました。

ナゼかって?

それは

この4種は、トンボ(成虫)の姿はソックリ、でもヤゴ(幼虫)の時期は姿形が全然違うのです!!!

これは面白い!大変身やー!大変態やー!!㊙能力や~

と いうわけで、このコーナーを作成したわけです^m^

 

IMG_5854

脱皮殻オブジェw

 

 

IMG_5855

担当者の遊び心が随所に見れます ねw?

 

 

 

そして、ヤゴのかっこよさを一人でも多くの人に知ってもらうために、

脱皮殻は下唇(かしん)を伸ばしている姿で固定して標本にしました。

IMG_5844 (2)

男心をキャッチするお姿!!ナイス♪

下唇を使って一瞬にして獲物を捕らえる姿はまさにヤゴの㊙能力です!

特別展のなかでもほんの一角の紹介ですが、

今回もこだわりの面白展示が満載です!

夏休み中にぜひ遊びに来てください―!(^^)!

壁にも注目!

夏の特別展「トリック展~さかなたちの㊙能力大特集~」が始まっています。

kimura618

kimura619

今年の展示の特徴は壁面を大々的にデコレーションしたことと、解説パネルを全て4コマ漫画風にしたことでしょうか。

今回は水槽の外側の飾りつけのこだわりを少し紹介します。

kimura620

kimura621 kimura622

 

これだけでは何のことか分からないかもしれませんが、なんとなく雰囲気は伝わるでしょうか?ちなみに全て画用紙を切り貼りして作りました。このように、水槽内だけでなく、周りの装飾も飼育員が頑張って作ったのでぜひ見てくださいね!

 

 

\はじめまして!/

みなさま、はじめまして!

今年の4月から飼育員の一員になりました、渡辺 隆司(わたなべ りゅうじ)と申します!

好きな生き物はカクレエビ、趣味は絵を描く事、特技は発汗(!?)です!

最近では、主にペンギンとアザラシのお世話をしています。

ペンギンにアザラシ…正直、魚や甲殻類ばかり見ていた僕には未知の世界でした。

一から学んでいくことはとても大変ですが、ノータッチだったからこそ、そこから得られる情報は刺激に満ちていました…!

最初は皆同じにしか見えなかった24羽のフンボルトペンギン達。

毎日同じ空間にいるうちに、一羽一羽の顔立ちや色、お気に入りの場所や給餌の際の動き方、人間関係(ペンギン関係と言うべきか?)など、沢山の個性で溢れている事に気が付くようになりました。

この一羽毎の違い…個体識別(言ってみたかった!)が給餌の際にとっても大事なんです!

あ、ペンギンの給餌についてはまた次の機会にでも!

DSCF5628

これはフンボルトペンギン達の餌の、イカナゴという魚!

―――ゴクリ、おいしそう…一尾くらいなら食べても…?―――

などと良からぬ事を考える事もありますが…

 

\はよ食べたいぺん/ \いっぱい食べるぺん/ \お腹空いたぺん/ \ぺんぺーん!/

給餌前、小屋内にいる飼育員(僕)を待ち構えるペンギン達の図

給餌前、小屋内にいる飼育員(僕)を待ち構えるペンギン達の図

 

ペンギン達の「待ってました」と言わんばかりの姿を思うとそんな事できるはずもなく。

 

それでは長くなりましたが、挨拶まで。これからよろしくお願いしまーすヾ(´Д`)ノシ

まちっこの命名式

飼育員のカメラではすでに紹介しましたが、先日、まちっこの命名式を行いました!

6月6日~30日まで館内にて募集を行った結果、応募総数592通、395種類の名前の候補が集まりましたよ!皆さま、たくさんのご応募、本当にありがとうございました\(^o^)/

今回募集した用紙には、「赤ちゃんの名前」と、「その名前にした理由」を記入していただいたのですが、本当にいいものばかりで、どれにしようかとても迷いました。

そして、すべて見させていただき、その中から私が心を打たれた理由の名前を選びました!

ということで、発表します!!!まちっこの名前は………

ジャーン!!

ジャーン!!

『ハル』に決定しましたー♪(・∀・)/

命名者は、富山市の濱谷真千子さんです。

偶然にもまちこ母さんと同じ真千子さんでした!また、この名前には、「春の訪れのようにみんなが待ち望んだ赤ちゃんだから。」という濱谷さんの思いがこもっています。

ハルは飼育員にとっても、本当に待ち望んだ赤ちゃんでした。まちこは去年も出産しましたが、残念ながら結果は死産…。今年こそはまちこをお母さんにしてあげたい!その思いで、1年前から去年の反省を踏まえ、出産に備えて準備をしてきました。出産直前になって色々問題が起き、今回もうまくいかないんじゃないだろうか…と不安になったときもありましたが、無事出産して、こんなにも立派にハルを育ててくれたまちこと、元気に育ってくれたハルには感謝の気持ちでいっぱいです。

今はハルも技をトレーニング中で、少しずつですが色々できるようになってきました!

握手や、

握手や、

挙手も!

挙手も!

人に触られるのはまだまだ嫌そうですが、好奇心旺盛なので、技の覚えはかなり早いです!笑

ハル「早くエサちょーだい!!」

ハル「早くエサちょーだい!!」

まちこみたいに食欲旺盛ですが、クウみたいにビビりなので、何かにビックリするとステージに上がってきてくれなかったり、隅っこに逃げていったり…

ハル「こっち来ないでよ!」

ハル「こっち来ないでよ!」

まだまだ、大変な時期は続きそうですが、まちこみたいにやんちゃで、クウみたいに可愛らしい子に育ってくれたらな~と思います(^^)

皆さん、これからもハルちゃんをよろしくお願いします!

ハル「あたちのこと、ハルって呼んでね!」

ハル「あたちのこと、ハルって呼んでね!」

 

色変わりギンポ

kimura614

白いニホンアマガエルなどを展示中ですが、白い繋がりで、白いダイナンギンポも海岸の生物コーナーで展示しました!

kimura615

ダイナンギンポは普通茶色っぽい色合いをしているので、このように全身が真っ白な個体は珍しいです。

kimura616

並べてみるとその白さがよく分かりますね。

 

おまけ、撮影していたら、迷惑そうな眼でめっちゃ睨まれました(汗)。

kimura617

 

バックヤードで見てちょーだい☆

きたる平成27年7月25日(土)、26日(日)

夏休みのイベントとして「学芸員と一緒に裏方探検&餌やりツアー」を開催します。

ま 簡単に申しますと、バックヤード見学と餌やり +α面白話しです(笑)

僕は両日とも午後の部(13:30~)を担当します。

エサやりは、水族館前にある屋外円形水槽にて

イトウ、シロチョウザメ、先日富山湾で捕獲されたダウリアチョウザメにエサをあげちゃいます!!

なかでもダウリアチョウザメがエサを食べるシーンは

あわわわ\(◎o◎)/!

ってなります!!

+αは、皆様のご要望にお応えして(?)

トンボ&ヤゴのセット標本を見てほしい!!と考えております^m^

というわけで、7/4にバックヤードで羽化した僕の仲間たちを紹介します☆

IMG_5291

ヤンマ界一魅力的なくびれをもつ コシボソヤンマ

 

IMG_5289

オスもメスも美しい☆ オオシオカラトンボ

IMG_5286

ギンバエ、アオカナブンをも凌ぐ☆ギラギラトンボ☆ タカネトンボ

 

IMG_5536

タカネトンボ 横から! ねっ!ギッラギラ☆★☆★

 

IMG_5281

単純にかっこいい! ルリボシヤンマ

多いときは、一日でこんなにも羽化します!

最近では、朝 バックヤードのゴーヤーコーナー(←ヤゴの飼育場を勝手に命名w)をチェックして回るのが何よりの楽しみです♪

だって こんなに美しいハネ ウルウルのトンボは

羽化直後しか見られないんですよ☆☆☆

ツアー時にタイミングよく羽化しているかはわかりませんが、

トンボ&ヤゴのセット標本を見れば

「このトンボってヤゴの時はこんな姿だったの――――!?」

と ヤゴの印象が変わること間違いなしです!

また、マイツアーでは、バックヤードで撮影したヤゴの羽化動画や

ヤゴが狩りをするシーンもお見せしちゃいます。

トンボ好きな方もトンボに興味ないけどこれから好きになる気がしそうな方も

ぜひお申込みください~☆

トンボと一緒に舞って待ってまーす(^O^)