月別アーカイブ: 2015年5月

ヤドカリもどき

海岸の生物コーナーの左上の水槽の中央に、サザエの殻が一つ置いてあります。

kimura596

ほとんどの人は特に意識せずにスルーしますが、サザエの中をよく見ると、ハサミや脚が見えます。

kimura597

その存在に気づいた人たちは、みんな同じことを言います。「あ、ヤドカリだ!」と。

 

 

ちょとまって ちょとまって おに~さん♪ ヤドカリってゆうたけど それじつはヤドカリとちゃいますよ~♪

 

 

はい、サザエの中にいるのは、こちらのカニです。

スベスベオウギガニ

スベスベオウギガニ

甲羅は丸っこくてスベスベで、ハサミ脚は左右どちらかがもう一方よりも大きくなっているのが特徴です。それに比べて脚が細いので、体はアンバランスに見えます。普段は岩の隙間や貝殻の隙間に身を潜めていて、昼間に全身が見えることは滅多にありません。エサを与える時は少し出てきますが、エサを捕まえるとすぐに引っ込んでいきます。

そんなシャイなカニが気になった方は、サザエの殻の中を覗いてみてください。たぶん大きなハサミ脚がチラッと見えますよ~

右ひじ 左ひじ 交互に 片方だけ見て~♪

 

偶然の出会い

仕事が休みの日に、山裾を流れる小さな川の周りを、カメラと双眼鏡を持って散歩していました。特に何かを探し求めていたわけではなく、見つけた鳥や昆虫、カエルなどの写真を撮っていました。

エナガ

エナガ

イチモンジチョウ

イチモンジチョウ

シュレーゲルアオガエル

シュレーゲルアオガエル

ムカシヤンマ

ムカシヤンマ

 

そろそろ別の場所に移動しようかと歩いていて、石垣の堤防上からふと下を見た時、そこにヤツがいました!

 

kimura593

kimura594

シマヘビの黒化型(カラスヘビとも呼ばれます)です!図鑑では見たことありますが、実際に見るのは初めてで、大興奮です。探そうと思っても見つけられるものではないので、本当にラッキーでした。

水族館で他の飼育員に自慢気に写真を見せたのは言うまでもありません(笑)。

 

ちなみにシマヘビの通常の体色はこのような縞模様です。田んぼの生物多様性コーナーで展示していますよ~。

シマヘビ

シマヘビ

羽化羽化羽化羽化羽化羽化羽化ァ―――ッ!

ゴールデンウィークはいかがお過ごしでしたか?

魚津水族館もたくさんの方々にご来館いただき感謝しております!

さて、忙しい連休が終わりウカウカしていたら

ヤゴたちも羽化羽化でバックヤードはトンボだらけです(笑)

IMG_3700

おなじみのランドリーボックス♪

IMG_3698

トンボ入りの青いボックスにまぎれた青いポロシャツ男は泉飼育員

DSC_0034s

羽化真っ最中のクロサナエ♪

 

IMG_3726

春のトンボ。シオヤトンボ♪

IMG_3719

羽化したてのハネはいつみても美しい♪コサナエ

IMG_3755

上野方小学校のきららの池産 クロスジギンヤンマ♪

トンボに囲まれてウカれているのもいいですが、

ウッカり飼育員のんみんなに「魚採集に行っててヤゴがとれたらもってきて」と言っていたので、

ヤゴだらけに。。。(嬉)もー日々のお世話がたいへんですぅ~♪

ヤゴのエサを探しに、水族館近くの田んぼへミジンコをとりに行く日々がしばらく続きます(笑)。

ヤゴのためなら田んぼにウカんでいるミジンコ採集も楽しいもんです♪♪♪

珍しい魚が仲間入り!

飼育員のカメラでも紹介しましたが、魚津水族館にダウリアチョウザメがやってきました!(^v^)

ダウリアチョウザメは、オホーツク海、日本海北部から北海道沿岸まで分布し、ロシアのアムール川に遡上して産卵する魚です。大きな特徴は、尖った顔と白い2対のヒゲです。

図1

この魚は富山市水橋沖の海で獲れましたが、川で産卵するため淡水での飼育も可能です。そのため、海水から淡水に少しずつ慣らし、広い屋外円形水槽で展示しました!\(^o^)/

 

富山県では捕獲記録が数回しかない、とてもめずらしい魚です!

一緒にいるシロチョウザメとその違いを見比べてみて下さい!(^^)

シルエットクイズ 答え

前回のシルエットクイズの答えを発表します。

まだ問題を見ていない人は、ここをクリック。

 

 

 

第1問:エレファントノーズフィッシュ

kimura585

長く伸びた下唇で泥の中に隠れているエサを探す。

 

第2問:サカサナマズ

kimura586

逆さまになって泳ぎ水面に落ちた虫などを食べる。いつも葉っぱや流木の下に仰向けで隠れている。

 

第3問:トランスルーセントグラスキャットフィシュ

kimura587

体に色素がほとんどなく、骨が透けて見える。

 

第4問:ブラックゴーストナイフフィッシュ

kimura588

ほとんど黒色の奇妙な体型で、前や後ろに奇妙な泳ぎをする。

 

皆さん分かりましたか?分からなかった魚は、魚津水族館で勉強しましょう!()

また、「ミニ図鑑ダウンロード」のページにあるワークシートにもシルエットクイズがあるので、ぜひご利用ください。

そのうちシルエットクイズ第二弾(中級編)も作る予定なので、お楽しみに~。

 

シルエットクイズ

突然ですが、魚津水族館シルエットクイズを出題しまーす。

まずは初級ということで、問題に選んだのは全てジャングルコーナーで展示している生き物です。

じゃあ早速いってみましょー。

 

第1問:舌を出してるのではありません。

 kimura581

 

第2問:写真の上下が逆?いいえ、これが正常です。

 kimura582

 

 

第3問:これはそもそもシルエットと言えるのか?()

kimura583

 

第4問:これはそもそもシルエットにする意味があるのか?()

kimura584

 

個性的でインパクトがある生き物ばかりなので、最近魚津水族館に来たことがある人にとっては簡単かもしれませんね。

答えは次回発表します。