カテゴリー別アーカイブ: 両生類・爬虫類

こんなところ工夫してます~掃除編~

前回の水槽編に引き続き掃除編です!

前回の水槽編はコチラ

育ち盛りのスッポンの赤ちゃんたちは餌をたくさん食べます。そしてその分たくさん出ます(笑)

汚れがたまると水質が悪くなるので、定期的に掃除をしますが、水換えも兼ねて汚れを吸い取る道具がコレ。

DSCN5795

サイフォンの原理で汚れを吸い取るスグレモノ!

でもスッポンの水槽には、ちとデカイ・・・。こんなの使ったら汚れを取る前に水がなくなってしまう(+_+)

なにか代わりになりそうな物ないかな~ってホームセンターをウロウロしてたら、

「いいもん見っけ♪」

DSCN5792

植物の肥料が入ったアンプル!ちょっと加工したら使えそう!

てなわけで、Let’s D.I.Y.!・・・そして完成!名付けて「バキューム泉プロトタイプ」

DSCN5800

じゃーん!ってアンプルの先と底をカッターで切って、先にチューブをくっつけただけですが(笑)

   

さっきのものと比べるとかなりコンパクトになりました!

さっそく使ってみると、

DSCN5562

うひょー!予想以上の出来!汚れが吸い取れて気持ちいい(^^)

素晴らしいものができて大満足!

自分たちが使いやすいように、こうやって道具を手作りしてるものも多いんですよ!

以上、掃除編でした!

こんなところ工夫してます~水槽編~

先月からニホンスッポンの赤ちゃんを展示しています!

今ではうおすいの人気者に♪

今ではうおすいの人気者に♪  

スッポンは普段水中で生活していますが、病気予防や体温調節のため、甲羅干し(日光浴)をすることがあり、ときどき陸に上がります。

赤ちゃんももちろん甲羅干しをするので、水槽内には陸場を設置してあります。

スッポン水槽

この陸場にはちょっとした工夫が・・・

DSCN5717

ご覧の通り、表面に人工芝を敷いています。こうすることでスッポンの体が濡れていても、芝の間に水が流れていき、体が乾きやすくなるのです(^^)v

さらに!少しだけ水中に芝が入っていることで陸場に上がりやすくなっているんですよ!

気持ち良さそうに甲羅干し♪

気持ち良さそうに甲羅干し♪

以上、こんなところ工夫してます~水槽編~でした。

次回は~掃除編~をお送りします。

お楽しみに!

エンジョイ富山!(夏休みの思い出編)

夏休みも終盤です。

みなさまは夏を満喫できましたでしょうか(^^)

この夏 私の休日は、今年小学1年生になった子供の面倒をみると遊ぶことです(笑)(疲)(楽)。

私の影響か遺伝的なものかはわかりませんが、

息子は魚や昆虫など生き物が大好きです。

 

初めての夏休み。

興味の尽きない息子に様々な体験をさせるべく、川に海に山に大忙しでした(笑)

今回は夏休みの思い出をちょこっと紹介します。

まずは川☆

IMG_4756

常願寺川でハゼ、カジカ観察!透明度が高く気持ちいい(^O^)

 

IMG_4762

冬の間、お風呂で練習していたシューノーケリングw

 

IMG_4775

石の隙間からこちらをのぞくカジカ(中卵型)それをのぞきこむ私(笑)

 

続いて海☆☆

 

IMG_4920

わたしの故郷、あさひ町ヒスイ海岸にて☆

IMG_4891

辺ノ島にて カメノテ発見!!

IMG_4902

辺ノ島から水中メガネでのぞくとキュウセンのオスが見えました(^^)

IMG_4932

暗礁では、ホシギンポがフチツボの殻に産み付けた卵を守る姿が観察できました☆

最後に山☆☆☆

IMG_6831

富山市白木峰(標高1,596m)へトレッキング。気軽に登れて景色がサイコー♪

この日は、泉飼育員、草間飼育員も一緒にトレッキング♪

IMG_6833s

白木峰 浮島の池で出会ったアオイトトンボ。

カオジロトンボには出会えませんでしたが、オオルリボシヤンマはたくさん飛んでました(^^)

浮島の池には、

モリアオガエルのオタマジャクシ、アカハライモリ、クロサンショウウオ、

ミズカマキリ、マツモムシなど

たくさんの生き物が見られました。

水際のモウセンゴケも美しかったな――♪

IMG_6794

登山中に出会ったシマヘビ。この日はシマヘビだけで7,8匹は出会いました(^^)捕まえているのは草間飼育員(とらえた感想は、ここのシマヘビはみんなおとなしいんだとかwww)

 

富山は川も海も山もすぐそこにあるので、

自然が大好きな人にはたまらない環境ですよ―――(^0^)/

 

 

色変わりギンポ

kimura614

白いニホンアマガエルなどを展示中ですが、白い繋がりで、白いダイナンギンポも海岸の生物コーナーで展示しました!

kimura615

ダイナンギンポは普通茶色っぽい色合いをしているので、このように全身が真っ白な個体は珍しいです。

kimura616

並べてみるとその白さがよく分かりますね。

 

おまけ、撮影していたら、迷惑そうな眼でめっちゃ睨まれました(汗)。

kimura617

 

偶然の出会い

仕事が休みの日に、山裾を流れる小さな川の周りを、カメラと双眼鏡を持って散歩していました。特に何かを探し求めていたわけではなく、見つけた鳥や昆虫、カエルなどの写真を撮っていました。

エナガ

エナガ

イチモンジチョウ

イチモンジチョウ

シュレーゲルアオガエル

シュレーゲルアオガエル

ムカシヤンマ

ムカシヤンマ

 

そろそろ別の場所に移動しようかと歩いていて、石垣の堤防上からふと下を見た時、そこにヤツがいました!

 

kimura593

kimura594

シマヘビの黒化型(カラスヘビとも呼ばれます)です!図鑑では見たことありますが、実際に見るのは初めてで、大興奮です。探そうと思っても見つけられるものではないので、本当にラッキーでした。

水族館で他の飼育員に自慢気に写真を見せたのは言うまでもありません(笑)。

 

ちなみにシマヘビの通常の体色はこのような縞模様です。田んぼの生物多様性コーナーで展示していますよ~。

シマヘビ

シマヘビ

魚津水族缶バッジ・マグネット新作

魚津水族缶バッジ・マグネットの人気が徐々に上がってきました!お客さんからも「子供が喜びます」「いいお土産です」「来るたびに買っています」「新作楽しみです」とうれしい感想をいただいております。

ご希望にお応えして、新作の登場ですが今回は少なめの2種。1つは不破学芸員からの希望「ミヤマアカネ」、もう1つは今まさに繁殖シーズンの「ジュズカケハゼ婚姻色Ver」です。この2種を加えるとデザインはなんと、80種越え!

12プレゼンテーション

 

続いてカエル好き必見!「富山のカエル+α」シリーズも登場!富山で見られるモリアオガエルやアズマヒキガエルなどのほか、+αとしてキオビヤドクガエルも入っています。こちらは全8種+シークレット2種です!

ガチャカエル

魚津水族館に来館したら、お土産にオススメです!

混雑するので…

田んぼの生物多様性コーナーのカメが泳いでいる水槽には、甲羅干しスポットがあるのですが、一か所しかないせいか、いつも場所の取り合いをしています。

DSC_0410

上に乗ったり・・・

挙句の果てには、組体操みたいになることも(笑)

挙句の果てには、組体操みたいになることも(笑)

これはこれでおもしろいのですが、カメ達のためにスポットを追加しました!

この桟橋が今回追加した場所です。

この桟橋が今回追加した場所です。

みんなまんべんなく甲羅干ししてくれると思ったら…

誰も桟橋使ってないにか!!

誰も桟橋使ってないにか!!

なかなか思い通りにはいかないものです(笑)

産卵

春は多くの生き物にとって繁殖の季節。この前、斎藤さんが書いていたトミヨ属淡水型やゴマフアザラシのように、水族館で飼育している生き物も、ちゃんと季節の変化を感じているようで、春には求愛や産卵などがよく見られます。ここで最近見られた繁殖行動の一部を紹介します!

泉さんも紹介していたアカハライモリ。まだまだ水槽内で求愛行動や産卵が見られます。

kimura575

 

アシナガスジエビがお腹に黄色い卵を抱えています。

kimura576

 

かなり見にくいですが、床に産み付けられている黄色い粒々がヤマトコブシカジカの卵です。

kimura577

 

深海生物コーナーの予備槽内でボウズイカが産卵しました。

kimura578

 

そうそう忘れちゃいけないのがホタルイカ。展示水槽でもよ~く目を凝らせば透明な卵が浮かんでいるのが見えます。

kimura579

 

 

アカスジモエビ(アカシマシラヒゲエビ)も水色の卵を抱いてます。

kimura580

 

サンゴの枝にキイロサンゴハゼが産卵して親が守っています。

kimura581

アカスジモエビとキイロサンゴハゼは春以外の季節にも産卵します。

 

自然界ではめったに見ることができないシーンを観察できるのが水族館のいいところですよね!皆さんも生き物をじっくりと観察してみてください。卵を産む瞬間など、感動的な場面を見れるかもしれませんよ!

妖精のような幼生

田んぼの生物多様性コーナーで展示中のアカハライモリが、1月中旬から産卵していたのですが、

無事にフ化しました!

DSC_0118

卵は1つずつ、丁寧に葉っぱなどに包んで産み付けられます。

30193456

フ化直前の卵。もう体ができていて、目が確認できます。

卵は約3~4週間でフ化します。(水温17℃)

DSC_4043

フ化直後の幼生。成体とは全然違い、お腹も赤くありません。大きさは1cmほどでとても小さいです。

現在、この小さな幼生を展示しています。愛らしい姿をじっくり観察してください!

うおすいのマスコット

解説パネルを作るためにマルメタピオカガエルの写真を撮っていて、かなりかわいい1枚が撮影できたので紹介します。

 

まずは通常バージョン↓

kaki66

いつものマルメちゃん

今回撮れたとっておきは↓

kaki67

マスコットみたい!

 

 

撮影するときに、マルメを暗い所から明るい所へ移動させたので瞳孔が開いています。

黒目の大きさが違うとこんなにも表情が変わるんですねー!

 

いつもはちょっと怖い顔つきをしていますが、こんなにも愛らしい一面も見せてくれたので

ますますマルメのことが好きになりました♪