カテゴリー別アーカイブ: イベント

ハロウィン展開始!

今年もハロウィン展を開催します\(^o^)/

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

富山湾大水槽のトンネルとバックヤードを飾り付け☆

今年は、手作りリースもあります。水族館らしくリースにはホースを使い、貝で飾り付けしてみました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

1474773305988貝の顔はうおすいサポーターにかいてもらいました!

そして去年のハロウィンダイバーはガイコツに変身したのですが、今年はかわいい魔女に変身します!!

トンガリ帽子と黒のスカート、今年は4年ぶりにホウキも持って泳ぎますよ~♪

dsc_2055ホウキギターも出来ます。

ハロウィン展は10月31日までで、ハロウィンダイバーは期間中の土日祝日と最終日に登場しますよ★

あそびに来てね~!

フナムシとミサゴ

小中学生の皆さん、夏休みの宿題は順調にこなせていますか?まだ自由研究が終わってない人は、うおすいの特別展で自由研究の進め方やまとめ方などを紹介しているので参考にしてみてください。

IMG_4059
今回は特別展の「海岸の生き物水槽」を紹介します。

大きな水槽にデデンと置いてある岩をよく見ると、その上で何やら動いています。

IMG_4518

ワサワサワサ・・・

そうです、「海辺のゴッキー」ことフナムシです。この水槽を見たお客様から時々悲鳴が聞こえてきます…。ほとんどのお客様に不人気なフナムシですが、よく見ると可愛い顔をしているんですよ。

つぶらな眼がかわいいでしょ

つぶらな眼がかわいいでしょ

アクリルガラス越しであればとびかかってくる心配はないので、勇気を出して観察してみましょう!
ところで、よくよく見るとフナムシの背後に気になる影が二つ・・・。

IMG_4060
背景の青空には僕が海辺で撮影してきたミサゴというワシの仲間の写真を張り付けました。ミサゴは夏でも富山湾の海辺で見られる代表的な大型の鳥です。大きさはトビ(とんび)と同じくらいですが、色が白っぽいことと、翼がやや細長いことで見分けることができます。魚食性で海や川で魚を捕まえて、安全な場所に持っていって食べます。

これがほんとの鷲掴み

これがほんとの鷲掴み

ちなみに、よく見ると右側のミサゴが魚を持っているのですが、この魚はウグイです。

ウグイは富山の河川コーナーと波の水槽で展示しています

ウグイは富山の河川コーナーと波の水槽で展示しています

 

フナムシやミサゴに興味を持った方は海辺に行って探してみましょー。フナムシは足元を、ミサゴは空をよ~く探してくださいね。

羽化羽化してたら夏は終わる!?

夏休み、始まりましたね。自由研究はもう取り組んでますか?

今年の特別展は、「夏だ!大人も子供も自由研究」

IMG_3526

8/31まで開催中~

 

というわけで、自由研究のテーマが決まっていない君!

うおすいへ走れーーーw!!

特別展のなかでも今回は、私の愛するヤゴ(トンボ)をテーマとしたコーナーを紹介します(^O^)

 

ヤゴ飼育コーナー

IMG_3527

ヤゴの飼い方について解説!ほかにもヤドカリ、マイマイ、ザリガニ、アマガエルなどの飼い方解説もアリ

ヤゴは活餌がメインとなりますので、飼育は簡単ではありません。

しかし、トンボに成った時の喜びはひとしお。ジミーなヤゴからあんなに美しいトンボに変態するなんて!!!

育ての親しか見られないステキな姿が見られるので、ヤゴ飼育おすすめです(^^)v

 

脱皮殻標本を作ろう のコーナー

IMG_3528

 

IMG_3529

見たことあるトンボでもヤゴは見たことがないものも☆

脱皮殻(羽化殻)標本の作り方を紹介したコーナー。

「標本て薬を使ったり虫を針で刺したり気がのらないな~」 と思った君!

脱皮殻なら空っぽだから薬を使わない!お湯でふやかして整えて乾かすだけ!

記録を添えれば ハイ完成☆

(展示コーナーではどの種の脱皮殻かわかるように成虫標本も展示しております)

脱皮殻を見比べてみよう のコーナー

IMG_3531

ここは、僕のヤゴ殻コレクションの一部を紹介。展示種数は31種!

IMG_3532

ほらほら!憧れのヤンマたちがズラリ!

IMG_3535

剣山に割箸スタイルがカッコイイでしょw家にも飾りたい♥

こんなにいろんなトンボの脱皮殻を見比べる機会はきっとないでしょうw

忘れないでください。ここは昆虫館ではなく水族館ですwww

 

どうですか?トンボをテーマに自由研究したくなりました?

当館では夏休み期間中の土日(8/13.14を除く)10:40と13:20に自由研究の相談会を行っています。

 

IMG_3536

トンボの相談は8/20、8/27にどうぞ~

夏だ!大人も子供もうおすいへ~Lets go(^^)/

サラベー饅頭

 IMG_3729

 サラサベッコウタマガイが好きな木村です。僕はこの貝をサラベーと呼んでいます(名前が長いので)。

 以前、ひとりごとでも紹介していますので、まずはこちらを読んでください。<ここをクリック

 現在、サラベーたちはハダカカメガイ(クリオネ)と同じ水槽で展示しています。しかし、クリオネの知名度が高すぎるのか、動かないからか、ほとんど注目されません。地味なサラベーに興味を持ってもらえるにはどうしたらいいだろうか??悩んだ末に閃きました!実際にサラベーに触ってもらおう!ということで、7月23日に開催された「年間パスポートファン感謝デー」で「サラサベッコウタマガイにさわってみよう!」というイベントを開催しちゃいましたー♪♪

IMG_3755

IMG_3753

どんな手触りかな~?

 皆さん何かよく分からない生物に恐る恐る触っていました(笑)。でもこれが貝だと説明すると、「こんな貝がいるんだ!」と、ほとんどの方が驚いていました。実際に触った感想は「触ってる感じがしない」というのが一番多かったです。他にも、「ふわふわしてる」、「クラゲみたい」、「気持ちいい」、「プリンみたい」などなど様々な感想をいただきましたよ。多くの方に、深海に棲む不思議な貝に触るという初めての体験をしてもらうことができ、大好評だったと思います。

 さらにさらに、以前のひとりごとでサラサベッコウタマガイ饅頭を商品化したい!と書いたのですが、なんと今回のファン感謝デーでそれが実現したんです☆

 ジャーン!!!

 

サラサベッコウタマガイ葛饅頭

サラサベッコウタマガイ葛饅頭

 このサラベー饅頭は、地元のお菓子屋さんの昌栄堂の工場長さんに、実際にサラベーを触ってもらったうえで、サラベーをイメージして作っていただいたので、模様はもちろん手触りまでサラベーに似ているというこだわりの逸品です。サラベーの模様はもち米で再現していています。この葛饅頭はファン感謝デーの時に無料でお客様に試食していただきました。こちらも大好評だったので、ぜひとも魚津水族館オリジナル商品として売り出したいですね!

身近な場所に!

1日から夏の特別展「~夏だっ!大人も子供も自由研究~」が始まりました!

展示している生き物はドジョウ、マコガレイ、ニホンアマガエル、カブトムシなど私たちの身の回りにいる生き物!

でも身の回りってどこ?って思われたみなさん、例えばこんな場所です♪

1467383358924

水族館から車で5分もかからない、ごく普通の港

 

先日、この港に不破学芸員と二人で生物採集に行ってきました。40分ほどでたくさんの生物を集めることができましたよ!

1467383365712

チャガラ・アミメハギ・コモンフグなどなど

 

ちなみに港や磯などへ観察に行くときはこんな格好がベスト(^◇^)

DSC_1148

特別展会場で写真撮影ができます☆

 

帽子、ライフジャケット、胴長、たも、あとは記録用にカメラやメモ帳も!

今回の特別展では生き物がいる身近な場所、さらに自由研究のテーマ決めからまとめ方、飼育方法などを紹介しています!

「夏休みの自由研究どうしよう~?」ってお困りの皆さん、魚津水族館に来て自由研究の参考にされてはいかがでしょうか?

水みらい 学校水族館の下見

先日、富山テレビ放送等と共催で行っている

水みらプロジェクト「チャレンジ学校水族館」

の下見に行ってきました。

「チャレンジ学校水族館」は応募があった富山県内の小学校の児童たちと近所の水辺へ採集に出かけ、

身近な水生生物の飼育観察をするというものです。

 

今回下見に行ったのは、富山県東部のとある場所です。

本来であれば、小学校の近くの川で生物採集をするのですが、

対象の小学校うち近くに川がない学校があったので周辺の環境を見てまわることにしました。

まずは、小学校の近くの用水でビオトープっぽく改良された場所を発見!

IMG_2013s

 

採集に入ってみたものの、魚はタカハヤ1個体のみ( ;∀;)

IMG_8128s

このほか、コガムシとオニヤンマのヤゴが大量💦

続いて、ちょっと小学校から離れた小川へ。

IMG_8133s

IMG_8136s

タカハヤとオニヤンマのヤゴ。ほかはノトマイマイが1個体・・・

こちらもタカハヤ1個体のみ( ;∀;)

3ケ所目はこの小川の上流へ。

IMG_2020s

こちらでは全長12㎝超えのBIGタカハヤが入りました!

IMG_8141s

フルサイズのビッグタカハヤ!!

ん~~ 子供たちと採集に入るのはこのあたりかな?

と、めぼしをつけて帰館しました。

 

【追伸】

大好きなトンボにはたくさん会えましたよ~(^O^)

楽しい季節になってきました!

 

IMG_8137s

ミヤマカワトンボ

IMG_8138s

ニホンカワトンボ(淡橙色翅型)

IMG_2019s

ニホンカワトンボ(橙色翅型)

IMG_2022s

ハラビロトンボ

IMG_2021s

シオカラトンボ

春の企画展…の裏方!

埼玉出身、飼育員2年目の渡辺です。

富山で迎える初めての冬も無事乗り越える事が出来ました。

周りの「今年は暖かい」、「雪が少ない」等の会話には驚きを隠せません(^ー^`; )

さて、魚津水族館では3月19日より、春の企画展「コイ展 ~春は恋の季節~」を開催しています。

オープンに向けて、水族館の裏側では飼育員達が各々の担当作業に取り組んで来ました!

僕の分担は水槽の他に、塗り絵用のイラスト等を描きました。

1458035028723水槽の背景作成中。色紙を切り貼りして切り絵風に。切り絵の心得は無いのですが、勢いで作ってみました(笑)

1457858180758

そして、塗り絵の原画と解説パネルの制作風景。

塗り絵のコイは、かな~り描きこんでます。それもあり、完成した所でお腹いっぱいに…。

まだ自分では塗っていないのは内緒です。

しかし、自分が描いた絵がお客さんに塗られている光景はなんともいえない感じで、うれしいやら恥ずかしいやら不思議な気持ちです。

お客さんの塗りっぷりはどれも個性的!

DSCF1629DSCF1630DSCF1631

どんな作品が完成したのか、仕事終わりに眺めるのも楽しみの一つになりました。

塗り絵に自信のある方もそうでない方も、是非チャレンジしてみてください!

※コイ展は5月22日までの開催となります。

大人も楽しめます!

現在開催中の企画展「コイ展~春は恋の季節~」には塗り絵コーナーがあり、自分だけのオリジナル鯉を描くことができます(^^)

「え~、塗り絵なんて子供っぽくてちょっとなぁ~」と思ったそこのあなた!

ちゃんと大人向けの塗り絵もあるんですよ

DSCN6643

鱗が細かくて超リアル!!(作:渡辺飼育員!)

難しそうですが塗ってみることにしました!イメージは鯉のぼり風の鯉です。

DSCN6783

どーん!!会場内には一緒に写真が撮れちゃう鯉のぼりも飾ってありますよ♪

塗り・・・塗り・・・そして完成!

DSCN6644

どうですか?鯉のぼりに見えますか?

塗り始めると夢中になってしまいました!そして楽しい!

みなさんも家族で、友達同士で、カップルで塗り絵を楽しんでくださいね(・∀・)

鯉のぼり!

やまよ~り~た~か~い~ こいの~ぼ~り~♪

IMG_0306

これは、先日から始まった春の特別展「コイ展 ~春は恋の季節~」で僕が担当した「鯉のぼりの歌に出てくるコイ水槽」の背景です。画用紙を切り貼りして作った、幅180㎝・高さ60㎝の大作です!

 

ここで、ぜひ注目してほしいこだわりポイントを紹介します。

ポールの上についているクルクル回る部分がうおすいマークになってます。

IMG_0295

そして、下の方に見えている山々は、魚津水族館から見える北アルプスです。毛勝山や剱岳などの形を忠実に再現しました。

IMG_0304 DSC_1309

 

ところで、肝心の鯉のぼりなんですが、黒くて大きい真鯉(マゴイ)と赤くて中くらいの緋鯉(ヒゴイ)がありません。その鯉たちはどこにいったのでしょうか?

IMG_0575

水槽内を、おもし~ろ~そ~お~に~ およい~で~る~♪

少し早いクリスマス!

魚津水族館では、11月22日から12月25日までクリスマス展を行っています!(*^_^*)

飾り付けは、11月21日にサポーターの方々と一緒に行いました!

富山湾大水槽のトンネルとバックヤードはこんな感じに仕上がりました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

キラキラしていてかなりゴージャスになっています(^v^)

サポーターの皆さん、ご協力ありがとうございました!

そしてダイバーは、トナカイの衣装を着てクリスマス展を盛り上げていきます!

DSC_0418

トナカイダイバーは、クリスマス展の期間中の土日祝日と12月24・25日に登場するので、ぜひ一緒に写真を撮って下さい!\(^o^)/