作成者別アーカイブ: 大原飼育員

ブリが増えました!

富山湾大水槽にブリを60匹追加しました!

今回も1階から3階まで1匹ずつ網に入れて飼育員が運びました(^O^)

dsc06513ブリ運搬チーム集合!カッパを着て準備万端!!

dsc06518いよいよ搬入開始♪

dsc06543魚を受け取って・・・

dsc06536階段を上ります(T_T)笑

dsc06545後は水槽にそっと放すだけ(^^♪

5人で運んだのでこれを1人あたり12回繰り返しました。みんなヘトヘトになりましたが、元気に泳いでいる姿を見ると疲れも半分は吹っ飛びました!

dsc_2635左上で群れをつくって泳いでいます。

まだダイバーが与えた餌は食べませんが、水槽の上から与えると食べます。

ダイバーショーでたくさんのブリが餌を食べている姿を見られる日もそんなに遠くないかも?!

ハロウィン展開始!

今年もハロウィン展を開催します\(^o^)/

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

富山湾大水槽のトンネルとバックヤードを飾り付け☆

今年は、手作りリースもあります。水族館らしくリースにはホースを使い、貝で飾り付けしてみました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

1474773305988貝の顔はうおすいサポーターにかいてもらいました!

そして去年のハロウィンダイバーはガイコツに変身したのですが、今年はかわいい魔女に変身します!!

トンガリ帽子と黒のスカート、今年は4年ぶりにホウキも持って泳ぎますよ~♪

dsc_2055ホウキギターも出来ます。

ハロウィン展は10月31日までで、ハロウィンダイバーは期間中の土日祝日と最終日に登場しますよ★

あそびに来てね~!

今年もブリ搬入しました!!!

休館中の2月18日、富山湾大水槽に50匹のブリを搬入しました(*^^)

 

搬入という言葉を聞くとただ運んで水槽に入れるだけだと思われがちですが、ブリの搬入はすごーーーーーーーーーく大変なんです!!

 

まず、役割分担があります。

トラックの生簀に入っているブリを掬いだす人、それを階段を登って1階から3階まで運ぶ人、運ばれてきたブリを淡水につけて寄生虫を駆除する人、そのブリを水槽にいれる人。

 

 

1455840627975

冷たい水の中で寄生虫を駆除する様子。

私は階段でブリを運ぶ係をしました。50匹を3人で運んだので約17往復!!

終わった頃にはヘトヘトになりすぎて「5歳老けたね(笑)」と言われました。

でも!!!!!良いダイエットになったとポジティブにとらえてます♪

 

実は、皆が頑張っている姿をたくさん撮影する予定でカメラを持っていたのですが、階段の上り下りで精一杯でポケットからだす余裕すらありませんでした。

 

 

DSC_3350 - コピー

ということで搬入の後、水槽内を元気に泳いでいるブリの写真を載せます!

うおすい公式のインスタグラムには動画も載せています。でも魚津水族館まで実物を見に来てもらえると嬉しいです\(^o^)/

ダイバーズ増員に向けて(^^♪

4月から飼育員が増え、新人の福原君と渡辺君がうおすいダイバーズに加入予定です!

今はデビューに向けて特訓をしています\(^o^)/

練習開始しまーす!準備ばっちり!!

練習開始しまーす!準備ばっちり!!

ちなみにこの日は福原君の練習でした。普通に泳ぐだけではなく、手を振ったり後ろ向きに泳いだりしなくてはいけないので大変なんです(>_<)

 

一生懸命泳いでいます!

一生懸命泳いでいます!

現在は私、のぞみーるとじゅりー2人でダイバーショーをしています。新加入の2人は男性なのできっと力強い泳ぎでショーをしてくれることでしょう!!皆さん楽しみにしていてくださいね♪

 

あれはなに?

バックヤードコーナーに入って右奥の方を見ると、皆さんから丸見えの予備水槽があります。
「あれには何が入っているの?」という質問をいただくので、今日はそれを紹介します♪

この黄色の丸で囲んでいる水槽です。

少し拡大。

分かりますかー?正解は・・・

大量のミズクラゲ!!

今は、展示しているミズクラゲの半分以下のサイズです。
ミズクラゲは常時バックヤードで繁殖させています(^o^)

どんなことでも、何か気になったお客様は飼育員に声をかけてくださいね♪

装着!!

ソーメンがおいしい季節になりましたね!
ってことでちょっと名前が似ているソメンヤドカリを紹介します。
ソメンヤドカリは貝殻にベニヒモイソギンチャクをつける習性があります。
早速、ヤドカリとイソギンチャクが複数ついている貝殻を水槽に投入!
するとすぐに、一匹が他の貝殻についているイソギンチャクを漁りはじめました!

ペリッとはがして

自分の貝殻にピタッ

私が他の作業をしているうちに7つものイソギンチャクを装着(笑)

強そう!

夏の特別展では、ソメンヤドカリと同じくイソギンチャクを殻につけるサメハダヤドカリを展示します!

何でイソギンチャクをつけるの ?

と思った方は、ぜひ7月5日から始まる特別展を見に来てください(^-^)

誕生(^^)v

サンゴ礁コーナーにいるハマクマノミが産卵しました!
産卵後は主にオスが世話をします。

育メン はりきってます

おかんはちょっと離れたところで休憩(ドヤ顔)

胸ビレや口を使って卵の塊に向かって新しい水を送り込んで、卵が腐らないようにします。

孵化するまでの間、毎日頑張っていました。

そして10日程経って孵化した稚魚がこちら↓↓

全然似てなーい!!

でもちゃんとこの夫婦の赤ちゃんですよ(*^_^*)

ちなみにメスは10cm、稚魚は2mmくらいです!

これからどんどん大きくなってハマクマノミらしくなっていくのがすごく楽しみです♪ \(^o^)/