作成者別アーカイブ: 泉飼育員

新人紹介

本日4月19日は何の日かご存知ですか?419(しいく)・・・そうです!飼育の日なんです!

ということで飼育の日にちなんで、今年度から魚津水族館に新しく仲間入りした3人の新人飼育員を紹介していきま~す(^^)/

名前、出身地、担当水槽、好きな生き物、飼育員としての意気込みの順で書いていきます!3人の写真は現在開催中の「コイ展~春は恋の季節~」のえさやりコーナー・塗り絵コーナー・記念写真コーナーで撮影しました!

DSCN6784

まずは3人の中で唯一の女性飼育員、西馬和沙(さいば かずさ)さん。

出身地:兵庫県、担当水槽:サンゴ礁コーナー・写真水槽など、好きな生き物:サンゴ・マツカサウオ

意気込み:体は小さいですが、人一倍動きまわってお客様に水族館の生き物について知ってもらえるよう頑張ります!

 

DSCN6787

続いて、濵田勝彦くん(はまだ かつひこ)くん。

出身地:愛媛県、担当水槽:ジャングルコーナー熱帯魚・円柱水槽など、好きな生き物:深海生物全般

意気込み:技術などはまだまだ先輩方に及びませんが、少しでも早く追いつけるように努力します。一人前の飼育員目指して頑張ります!

 

DSCN6807

最後に、平野大智くん(ひらの だいち)くん。

出身地:富山県、担当水槽:表層生物コーナー・アマモ水槽など、好きな生き物:スズキ・ゴマフアザラシ

意気込み:日々成長を続ける飼育員を目指して頑張ります!そして地元富山の魅力を多くのお客様に伝えていきます!

 

以上の3人が新しく仲間に加わり、今まで以上に魚津水族館を盛り上げていきますので、

みなさん、よろしくお願いします!!

大人も楽しめます!

現在開催中の企画展「コイ展~春は恋の季節~」には塗り絵コーナーがあり、自分だけのオリジナル鯉を描くことができます(^^)

「え~、塗り絵なんて子供っぽくてちょっとなぁ~」と思ったそこのあなた!

ちゃんと大人向けの塗り絵もあるんですよ

DSCN6643

鱗が細かくて超リアル!!(作:渡辺飼育員!)

難しそうですが塗ってみることにしました!イメージは鯉のぼり風の鯉です。

DSCN6783

どーん!!会場内には一緒に写真が撮れちゃう鯉のぼりも飾ってありますよ♪

塗り・・・塗り・・・そして完成!

DSCN6644

どうですか?鯉のぼりに見えますか?

塗り始めると夢中になってしまいました!そして楽しい!

みなさんも家族で、友達同士で、カップルで塗り絵を楽しんでくださいね(・∀・)

こんなところ工夫してます~掃除編~

前回の水槽編に引き続き掃除編です!

前回の水槽編はコチラ

育ち盛りのスッポンの赤ちゃんたちは餌をたくさん食べます。そしてその分たくさん出ます(笑)

汚れがたまると水質が悪くなるので、定期的に掃除をしますが、水換えも兼ねて汚れを吸い取る道具がコレ。

DSCN5795

サイフォンの原理で汚れを吸い取るスグレモノ!

でもスッポンの水槽には、ちとデカイ・・・。こんなの使ったら汚れを取る前に水がなくなってしまう(+_+)

なにか代わりになりそうな物ないかな~ってホームセンターをウロウロしてたら、

「いいもん見っけ♪」

DSCN5792

植物の肥料が入ったアンプル!ちょっと加工したら使えそう!

てなわけで、Let’s D.I.Y.!・・・そして完成!名付けて「バキューム泉プロトタイプ」

DSCN5800

じゃーん!ってアンプルの先と底をカッターで切って、先にチューブをくっつけただけですが(笑)

   

さっきのものと比べるとかなりコンパクトになりました!

さっそく使ってみると、

DSCN5562

うひょー!予想以上の出来!汚れが吸い取れて気持ちいい(^^)

素晴らしいものができて大満足!

自分たちが使いやすいように、こうやって道具を手作りしてるものも多いんですよ!

以上、掃除編でした!

こんなところ工夫してます~水槽編~

先月からニホンスッポンの赤ちゃんを展示しています!

今ではうおすいの人気者に♪

今ではうおすいの人気者に♪  

スッポンは普段水中で生活していますが、病気予防や体温調節のため、甲羅干し(日光浴)をすることがあり、ときどき陸に上がります。

赤ちゃんももちろん甲羅干しをするので、水槽内には陸場を設置してあります。

スッポン水槽

この陸場にはちょっとした工夫が・・・

DSCN5717

ご覧の通り、表面に人工芝を敷いています。こうすることでスッポンの体が濡れていても、芝の間に水が流れていき、体が乾きやすくなるのです(^^)v

さらに!少しだけ水中に芝が入っていることで陸場に上がりやすくなっているんですよ!

気持ち良さそうに甲羅干し♪

気持ち良さそうに甲羅干し♪

以上、こんなところ工夫してます~水槽編~でした。

次回は~掃除編~をお送りします。

お楽しみに!

お正月といえば!

あけましておめでとうございます!

新年1発目のひとりごとなのでお正月にちなんだ話を。

さて、お正月にはいろいろなおいしいものを食べますが、その中でも僕は雑煮が一番好きです♪

雑煮といっても、都道府県や各家庭によって味や見た目がかなり異なりますよね(^^)

魚津水族館のある魚津市は、フクラギやサバ・タイなどの身をほぐしたものと、ゴボウ・ニンジン・焼き豆腐・コンニャクを入れた、かなり具だくさんな雑煮です。

ちなみに魚津市出身の僕(泉飼育員)の家はフクラギが入っています。

1451730306855

富山湾大水槽を泳ぐフクラギーズ。

そしてこれが泉家の雑煮!

ほぐしたフクラギの身が乗っています。

DSC_0030_3

「魚津生まれのおらにとって、雑煮といえばコレやちゃ!!」

富山県では他にもエビや鶏肉を入れる地域や、お吸い物のようなシンプルなものもあるそうです。

いろんな雑煮食べてみたいな~(´・ω・`)

 

混雑するので…

田んぼの生物多様性コーナーのカメが泳いでいる水槽には、甲羅干しスポットがあるのですが、一か所しかないせいか、いつも場所の取り合いをしています。

DSC_0410

上に乗ったり・・・

挙句の果てには、組体操みたいになることも(笑)

挙句の果てには、組体操みたいになることも(笑)

これはこれでおもしろいのですが、カメ達のためにスポットを追加しました!

この桟橋が今回追加した場所です。

この桟橋が今回追加した場所です。

みんなまんべんなく甲羅干ししてくれると思ったら…

誰も桟橋使ってないにか!!

誰も桟橋使ってないにか!!

なかなか思い通りにはいかないものです(笑)

妖精のような幼生

田んぼの生物多様性コーナーで展示中のアカハライモリが、1月中旬から産卵していたのですが、

無事にフ化しました!

DSC_0118

卵は1つずつ、丁寧に葉っぱなどに包んで産み付けられます。

30193456

フ化直前の卵。もう体ができていて、目が確認できます。

卵は約3~4週間でフ化します。(水温17℃)

DSC_4043

フ化直後の幼生。成体とは全然違い、お腹も赤くありません。大きさは1cmほどでとても小さいです。

現在、この小さな幼生を展示しています。愛らしい姿をじっくり観察してください!

泥沼

泥沼

とある休日、映画を見に行こうと車を走らせていると予想以上に早く映画館に着いたので、

近くの川沿いを散策することにしました。

生き物がいそうなため池を発見したので、そこまで車で移動しようと思ったら・・・、

やってしまいました!

「泥沼にはまる」とはこのことですね。30分ほど一人でどうにかしようと試みましたが、うんともすんとも・・・。
結局近くの方に助けてもらい、無事に脱出することができました!

助けてくださった方、本当に感謝しています。

しかし、ため池には辿り着けず・・・、次回リベンジします!

ちなみに映画の時間にはギリギリ間に合いました(笑)

愛の営み♡

最近、田んぼの生物多様性コーナーで展示しているニホンスッポンの交尾を確認しました♡
すでに4回も、目撃しました♡

上がオスで下がメスです♡

オスはメスの首筋などを咬んでメスの動きを止め、交尾をしやすくします♡
画像のように水中で交尾をしていますが、産卵は陸上で行います♡
いつ産んでも大丈夫なように、ちゃんと産卵場所もあるんですよ♡

水槽内に設置してある産卵場♡

うまくいけば産卵するかもしれないので、温かく見守りたいと思います♡

夏バテ知らず

8月になり毎日暑い日々が続いていますが、みなさん夏バテになっていませんか?

そんな暑い中でも夏の特別展「みんなの家展」で展示中のニシキテッポウエビは、

せっせと巣穴作りに励んでいます!

毎日少しずつ巣穴の形が変わっていくのでずっと見ていても飽きません!
みなさんも水族館に涼みに来てニシキテッポウエビの働きぶりを見てください!

働き者のテッポウエビの裏で飼育員が1名夏バテになっております・・・(笑)