作成者別アーカイブ: 泉飼育員

レイアウトにも注目!

現在開催中の夏の企画展「水・陸・樹のカエル展~トコロ変わればケロ変わる~」では、樹上にすむカエルとして、モリアオガエルを展示しています。

DSCN9153

その展示水槽の上に注目してみてください!

DSCN9106

白い塊が!!

実はこれ、モリアオガエルの卵塊なんです!といっても本物じゃありません。飼育員が作った模型です!

IMG_7672

レイアウト用の作り物の葉っぱに発砲ウレタンスプレーをブシューッ!!!

あっという間に完成です。

こだわりは卵塊の中の卵を再現するためにBB弾(エアーガンの弾)を埋め込んだことです!

本物と見比べるとこの通り。

図1 図2

どっちが本物かわからないほどソックリ(笑)

うおすい流のレイアウトのこだわりにも注目です!

毎年恒例!

アザラシ担当の泉です!

先日、アザラシ・ペンギンプールの恒例行事「日除け設置」を行いました!

うおすいで飼育しているゴマフアザラシ・フンボルトペンギンは、冷たい海流に生息する生き物なので、暑い富山の夏にはあまり強くありません。

そこで、アザラシプールにはすだれ、ペンギンプールには遮光ネットを取り付けました。1528276447395

DSC_0152

取り付け中

DSC_0155

DSCN8922

完了!

見た目も涼しげ(^o^)

生き物のためですが、担当する飼育員もこの日除けのおかげで毎年助かっています(笑)

DSC_0471

日陰が増えてアザラシも気持ち良さそう♪

これで夏の厳しい暑さを乗り切るぞー!!

ミミの結果は!?

どうもアザラシ担当の泉です!

先日、ミミがエントリーしていた「ヒレアシ甲子園」の結果が発表されました!

hire_800_500

全国の動物園・水族館から47頭がエントリーしていました

ホース遊び写真

ホースでの一人遊びを披露したミミ

うおすいのミミに投票してくださったみなさん、ありがとうございましたm(__)m

気になるミミの結果は・・・47頭中25位!正直なんともいえない順位です(笑)

まあ僕の中ではぶっちぎりの1位なんですけどね!

 

順位は微妙かもしれませんが、今回のヒレアシ甲子園に参加したことで少しでも魚津水族館のこと、ミミのことを全国の人達に知っていただけたのではないでしょうか?

 ミミ顔寄り写真

ミミ自身は順位を気にすることもなく、今日も気持ち良さそうにお昼寝しています。

みなさん、ぜひ日本一かわいいおばあちゃんアザラシ(僕の中で)ミミに会いに来てくださいね!

換毛シーズン!!

最近、ようやく暖かくなってきましたね!水族館横の公園では桜が満開!

DSC_1940

キレイな満開の桜!

桜が咲くこの時期、アザラシ達は「換毛期」を迎えます!

「換毛期」とは一年に一度、全身の毛が生え換わる時期のことです。

 

ミミは白くて赤ちゃんのようですが、推定年齢37歳のおばあちゃんです(笑)

DSCN0436

ミミ

 

まちこはちょうど換毛の真っ最中で、ところどころ毛が抜けているのがわかりますね!

DSC_1948

まちこ

 

ハルは一足先に終わりそう。まちこと比べると毛がツヤツヤしていますよ!

DSC_1948 - コピー

ハル

 

クウはまだのようです。水に入らずよくステージにいるので、そろそろかな?

DSCN0431

クウ

換毛期はステージに上がって毛を乾かしていることが多いので、モフモフな姿を見ることができますよ~(^o^)

甥っ子自慢!

みなさん、あけましておめでとうございます。今年も魚津水族館をよろしくお願いします。

突然ですが、僕には甥っ子が3人います。

※ちゃんとお年玉をあげていますよ(笑)

先日、その中の小学1年生の甥っ子が魚津水族館の絵を描いてくれました。

14806823478122

富山湾大水槽の絵だそうです♪

水槽内を泳ぐブリや水中トンネルなどが描かれています!

そしてなぜかリュウグウノツカイも!

「泳いでるとこんな感じかな~」と想像して描いたそうです。

リュウグウノツカイは泳いでいませんが、富山湾大水槽横に模型と標本は展示していますよ!

%e3%83%aa%e3%83%a5%e3%82%a6%e3%82%b0%e3%82%a6

自分が働いている水族館の絵を描いてくれると、恥ずかしい気持ちもありますが、やっぱり嬉しいです(^^)

甥っ子にとって、自慢のおじさんになれるように仕事をもっと頑張るぞ~!

稲がお米になるまで②

遅くなりましたが、前回の続きです!

前回は「脱穀」まで行い、なんとかお茶碗一杯になりました(笑)

dscn9956

今回は「もみすり」です!

まず、すり鉢と軟式の野球ボールを用意します。

dscn9957

そしてすり鉢にもみを少量入れて、野球ボールでゴリゴリとすっていきます。

dscn9958

dscn9972

もみすり中!

 

すると、きれいにもみ殻が外れるんです!

dscn9960

dscn9962

手に乗せてみました。もみ殻が外れているのがわかりますよね♪

なんで軟式の野球ボールか調べたところ、すりこぎ棒を使うと米が割れてしまうらしく、少し弾力のある野球ボールが適しているようです。

とりあえずこれだけもみすりしましたが・・・、

dscn9963

まだこんなにあります(+_+)

dscn9964

お茶碗一杯分でもすごく大変!まだまだ白米になるまで先は長そうですが、めげずに

頑張ります!!!

稲がお米になるまで①

みなさんこんにちは!飼育員兼農家見習いの泉です(笑)

すでに飼育員のカメラでお伝えしましたが、先月田んぼの生物多様性コーナーで稲刈りをしました。

1473565628667

稲刈りの様子

刈り取った稲は腐ったり、カビが生えたりしないように乾燥させる必要があります。

晴れた日に、昔ながらの方法「はさ掛け」で天日干しさせました!

dscn8800

お日様の光を浴びて稲も気持ち良さそう!

はさ掛けで乾燥させた後は「脱穀」です。

どんな感じで脱穀するかというと、

 

まずお茶碗と、稲を適量用意します。

dscn8863 dscn8853

そして稲の上にお茶碗をかぶせて稲をゆっくり引っ張ります。

すると・・・なんということでしょう!ブチブチっと心地いい音を立てて、もみが外れていくではありませんか!

dscn8856

こんな風にきれいに外れます。ポイントは一度に欲張ってたくさんの量を脱穀しないこと♪

dscn8858

まだ全て脱穀してませんが、こんなにとれました!

お茶碗一杯分にはなりそうな予感(^^)

脱穀の次はもみ殻を剥いていく「もみすり」をします。次回もお楽しみに~!

身近な場所に!

1日から夏の特別展「~夏だっ!大人も子供も自由研究~」が始まりました!

展示している生き物はドジョウ、マコガレイ、ニホンアマガエル、カブトムシなど私たちの身の回りにいる生き物!

でも身の回りってどこ?って思われたみなさん、例えばこんな場所です♪

1467383358924

水族館から車で5分もかからない、ごく普通の港

 

先日、この港に不破学芸員と二人で生物採集に行ってきました。40分ほどでたくさんの生物を集めることができましたよ!

1467383365712

チャガラ・アミメハギ・コモンフグなどなど

 

ちなみに港や磯などへ観察に行くときはこんな格好がベスト(^◇^)

DSC_1148

特別展会場で写真撮影ができます☆

 

帽子、ライフジャケット、胴長、たも、あとは記録用にカメラやメモ帳も!

今回の特別展では生き物がいる身近な場所、さらに自由研究のテーマ決めからまとめ方、飼育方法などを紹介しています!

「夏休みの自由研究どうしよう~?」ってお困りの皆さん、魚津水族館に来て自由研究の参考にされてはいかがでしょうか?

今年は早めに!

突然ですが、みなさん最近暑いと思いませんか?まだ夏前なのに30℃近い日が何日も。

僕は暑いのが苦手です(+_+)

うおすいの人気者のアザラシ・ペンギン達も日本の夏の暑さにはあまり強くありません。そこで毎年6月中旬に暑さ対策の日除けをプールに設置しています。しかーし!こんなに暑い日が続いていたらアザラシ・ペンギン達、そして担当している飼育員が干からびてしまう!ってことで今年は例年より10日ほど早く6月3日に設置しました。

IMG_1776

DSCN7490

アザラシプールにはすだれ、ペンギンプールには遮光ネットを取り付けました。

 

DSCN7501

IMG_1782

日陰ができて見た目も涼しげ~♪

 

これで今年の夏も乗り切れるはず!

 

それと、日除けをつける前にアザラシの繁殖期が終了したので繁殖抑制のため隔離していたイケメンアザラシのクウを、ミミ・まちこ・ハルのプリティウーマンたちと同居させました( *´艸`)

実は昨年産まれたハルとお母さんのまちこ、お父さんのクウが一緒のプールで泳ぐのは初めてなんです!

IMG_1751

ゲートオープン!!

 

4頭がどんな反応するのか見てたら・・・なぜかみんなで狭いプールへ!

IMG_1762

混雑してる(笑)

でもしばらくするとそれぞれリラックスした体勢でくつろいでいました。

とりあえずこれで一安心かな(^^)

 

イネのために!

今年も田んぼの生物多様性コーナーの水田で田植えを行いました!

二人で植えると早ーい!!

二人で植えると早ーい!!

今回は新人の西馬さんにも手伝ってもらったので、とてもスムーズに終わりましたよ(^^)

じつはこの田植えの前に水田内の泥を入れ替える作業をしました。こんなこともしてるんだ!ってみなさんに知ってほしいのでその様子をお伝えします!

まず、イネを提供してくれる農家さんの水田から泥をもらいます。

 

ネチャネチャの泥をスコップで掘るのはかなりハード(+_+)

ネチャネチャの泥をスコップで掘るのはかなりハード(+_+)

 

水族館に泥を持ち帰ると、水槽に入れる前に手でほぐします。泥が固まっているとイネが均等に育たないので、なるべく細かくします。いわゆる「代掻き」という作業ですね。

遊んでるわけじゃないよ!この作業の後、手がつやつやに!泥パック効果?(笑)

遊んでるわけじゃないよ!この作業の後、手がつやつやに!泥パック効果?(笑)

そしていよいよ泥の入れ替えです!水槽内に平らに泥を敷いていきます。

なるべく濁りを最小限にするため、そ~っと入れ替えます。

なるべく濁りを最小限にするため、そ~っと入れ替えます。

1461231819591

作業を終えるといつのまにか顔に泥が!一仕事終えた良い顔してます(笑)

DSCN7050

そして田植え後の水槽。やはり田んぼの主役はイネですね!

収穫までの数か月間、しっかりお世話するぞー!