作成者別アーカイブ: 不破 学芸員

富山県のヨシノボリ大集合の道のり(ルリヨシ編)

現在、当館では富山のヨシノボリ全7種類が見られるというマニアックな展示を行っております。

「7種揃うと龍が出てきて願いが叶う★」という噂があるとかないとかいう話はおいといて…

クロヨシノボリが県内で超レア種なのは前回の齋藤飼育員のひとりごとでもありましたが、

ルリヨシノボリ(以下ルリヨシと略記)もなかなかレアで、捕りにいって捕れるものではありません。

しかし、今年はルリヨシのアタリ年でもあったので、

7種のヨシノボリが勢揃いする展示に至ったわけです。

と いうことで、以下、ルリヨシ展示にいたるまで。

クロヨシノボリを採集し帰る道中で…

不破「富山のヨシノボリ全種展示いけるかもね?」

齋藤「でも今ルリヨシが展示にいないんです…」

不破「マジか~…でもせっかくだから勢揃いでいきたいよねー」

なんて言っていたおり、

休日、夏休み中の息子が川へ泳ぎに行きたいというので、

子守りがてらルリヨシ探しをすることにしました。

IMG_8636

1本目。ルリヨシを採集したことのある県東部のとある川。

流れが結構ある場所に潜ると…

いたいた!

IMG_8644

 

頬の青い斑点☆ルリヨシはヨシノボリの中でも特に派手なので潜れば見つけられる自信がありました。

しかし、個体数はやはり少ない。

というか この川で出会えたヨシノボリ類はルリヨシ2個体のみ…不思議

IMG_8665

アユカケはたくさんいました♪

2本目

IMG_8679

こちらもまばらながらルリヨシを採集したことがある川

流れの緩やかな堰の下に潜るとトウヨシノボリ、シマヨシノボリの宝庫♥

息子とキャーキャー言いながら堰の直下の流れの強いところに潜ると・・・いました!

オオヨシノボリに混じりルリヨシが!

IMG_8674

自慢の吸盤力を活かして激流の岩にくっつくオオヨシノボリ。

オオヨシノボリが流れのある環境を好むことは以前から川の中で観察していましたが、

ルリヨシもそうなのかもしれません。

IMG_3832

オオヨシノボリ。胸ビレの黒い点、尾ビレの付け根の黒い線が特徴的

IMG_3840

探し求めたルリヨシノボリ。美しすぎる☆☆☆

その後、たくさんのルリヨシを発見しましたが、展示する分だけを確保し水族館へ直行しました(^^)

どれも似ていて区別が難しいヨシノボリたちですが、じっくり観察するととても魅力的なハゼです。

7種揃っているうちに、うおすいに来て水槽にグッと近づき、

おでこと鼻先を水槽にくっつけてじっくりと観察してみてくださいwww

おまけ

大好きなカジカ(大卵型)もたくさんいましたよっ(*^^)v

IMG_8700

3匹います。見つけられるかな?

羽化羽化してたら夏は終わる!?

夏休み、始まりましたね。自由研究はもう取り組んでますか?

今年の特別展は、「夏だ!大人も子供も自由研究」

IMG_3526

8/31まで開催中~

 

というわけで、自由研究のテーマが決まっていない君!

うおすいへ走れーーーw!!

特別展のなかでも今回は、私の愛するヤゴ(トンボ)をテーマとしたコーナーを紹介します(^O^)

 

ヤゴ飼育コーナー

IMG_3527

ヤゴの飼い方について解説!ほかにもヤドカリ、マイマイ、ザリガニ、アマガエルなどの飼い方解説もアリ

ヤゴは活餌がメインとなりますので、飼育は簡単ではありません。

しかし、トンボに成った時の喜びはひとしお。ジミーなヤゴからあんなに美しいトンボに変態するなんて!!!

育ての親しか見られないステキな姿が見られるので、ヤゴ飼育おすすめです(^^)v

 

脱皮殻標本を作ろう のコーナー

IMG_3528

 

IMG_3529

見たことあるトンボでもヤゴは見たことがないものも☆

脱皮殻(羽化殻)標本の作り方を紹介したコーナー。

「標本て薬を使ったり虫を針で刺したり気がのらないな~」 と思った君!

脱皮殻なら空っぽだから薬を使わない!お湯でふやかして整えて乾かすだけ!

記録を添えれば ハイ完成☆

(展示コーナーではどの種の脱皮殻かわかるように成虫標本も展示しております)

脱皮殻を見比べてみよう のコーナー

IMG_3531

ここは、僕のヤゴ殻コレクションの一部を紹介。展示種数は31種!

IMG_3532

ほらほら!憧れのヤンマたちがズラリ!

IMG_3535

剣山に割箸スタイルがカッコイイでしょw家にも飾りたい♥

こんなにいろんなトンボの脱皮殻を見比べる機会はきっとないでしょうw

忘れないでください。ここは昆虫館ではなく水族館ですwww

 

どうですか?トンボをテーマに自由研究したくなりました?

当館では夏休み期間中の土日(8/13.14を除く)10:40と13:20に自由研究の相談会を行っています。

 

IMG_3536

トンボの相談は8/20、8/27にどうぞ~

夏だ!大人も子供もうおすいへ~Lets go(^^)/

水みらい 学校水族館の下見

先日、富山テレビ放送等と共催で行っている

水みらプロジェクト「チャレンジ学校水族館」

の下見に行ってきました。

「チャレンジ学校水族館」は応募があった富山県内の小学校の児童たちと近所の水辺へ採集に出かけ、

身近な水生生物の飼育観察をするというものです。

 

今回下見に行ったのは、富山県東部のとある場所です。

本来であれば、小学校の近くの川で生物採集をするのですが、

対象の小学校うち近くに川がない学校があったので周辺の環境を見てまわることにしました。

まずは、小学校の近くの用水でビオトープっぽく改良された場所を発見!

IMG_2013s

 

採集に入ってみたものの、魚はタカハヤ1個体のみ( ;∀;)

IMG_8128s

このほか、コガムシとオニヤンマのヤゴが大量💦

続いて、ちょっと小学校から離れた小川へ。

IMG_8133s

IMG_8136s

タカハヤとオニヤンマのヤゴ。ほかはノトマイマイが1個体・・・

こちらもタカハヤ1個体のみ( ;∀;)

3ケ所目はこの小川の上流へ。

IMG_2020s

こちらでは全長12㎝超えのBIGタカハヤが入りました!

IMG_8141s

フルサイズのビッグタカハヤ!!

ん~~ 子供たちと採集に入るのはこのあたりかな?

と、めぼしをつけて帰館しました。

 

【追伸】

大好きなトンボにはたくさん会えましたよ~(^O^)

楽しい季節になってきました!

 

IMG_8137s

ミヤマカワトンボ

IMG_8138s

ニホンカワトンボ(淡橙色翅型)

IMG_2019s

ニホンカワトンボ(橙色翅型)

IMG_2022s

ハラビロトンボ

IMG_2021s

シオカラトンボ

婚姻色 いただきます!

平成28年3月19日より、

春の企画展 コイ展 ~春は恋の季節~

を開催しております。コチラ

 

IMG_9985 (1)

コイ展開催中~

恋とコイを掛けたダジャレですが、コイ科魚類の中でも春の繁殖に現れる婚姻色を見てもらいたい!

という思いを込めた展示です。

さて、先日、休日を利用して飼育員の草間くんと県西部の小矢部市にある

川魚料理「きぶね」さんへサクラウグイ料理を食べに行ってきました。

サクラウグイとは、春のサクラが咲く頃になると産卵期を迎えたウグイの体色が

桜色に色づくところからついた呼び名です。

小矢部川の春の味覚として親しまれるサクラウグイ料理ですが、

魚津水族館がある県東部ではウグイを食べる習慣がありません。

毎日のように見ているウグイですが、県東部出身の私はもちろん食べたことがありません。

というわけでここからは食レポです。

 

注文したのはもちろんコレ!

IMG_7855s

田楽、お刺身、酢の物、からあげor甘露煮、ご飯と味噌汁とお漬物が付いて2300円

ウグイの定食です。

まず運ばれてきたのは田楽!

店主の中井さん曰く、活きのいいウグイを使っているからヒレが立ち、

皿上でひっくり返らないんだとか!

IMG_7834s

確かにきれいに立ち上がり、皿の上を泳いでいるようです!

炭火で焼きあげられたウグイに生姜味噌でいただきます!この味噌がすごく美味!ごはんが進みます!

次に運ばれてきた甘露煮は、4時間じっくり煮込まれており骨まで軟らか。

IMG_7843s

甘露煮

臭みもなくこれまたごはんが進みます。

 

から揚げ、酢の物、お刺身と続々と運ばれ、

お味噌汁もウグイのアラで出汁を取ったまさにウグイづくしでした☆

IMG_7848s

から揚げ(二度揚げされているので骨までサックリ!!)

 

IMG_7851s

酢の物(サッパリしていてこれまた美味)

 

なかでも、生姜醤油でいただくお刺身は身も柔かく甘味があり絶品でした☆

IMG_7857s

お刺身(これが一番絶品でした☆)

ウグイはすべて中井さん自らが小矢部川の支流で投網を使って捕獲してくるそうです。

興奮しながら中井さんの話を聞いている僕らに対し、捕獲したウグイを泳がせている水槽や、焼き場などいろいろ見せていただきとてもよくしてもらいました(^^)

IMG_7867s

きれいな水で泥抜き中~ 各サイズ泳いでいました!

IMG_7886s

焼き場(炭火でじっくり。時間がかかるので事前予約するのがベスト!)

ウグイは5月中旬までいただけるそうです。

春はサクラウグイを食べに行くのが恒例になりそうです 笑

取材

先日、チャレンジ学校水族館(富山テレビ放送)の取材で南砺市立福野小学校へ行ってきました☆

 

IMG_9221

学校水族館の一角。たくさんの水槽が並んでます!

IMG_9214

カメラマンさんスタンバイOK!

発表会前のリハーサルにおじゃまして、本番前のアドバイスをしてきました(^^)

IMG_9224

よくできた採集地マップ。小矢部川水系旅川。

 

 

IMG_9216

メダカの飼育年表。

 

みんな自分の手で採集して飼育してきた魚たちから、いろんなことを学んだようです。

発表会では、地元の淡水魚を通じて学んだことを伝えるために、紙芝居にしたり演劇風にしたり、

それぞれの工夫が見られて楽しかったです(^O^)

このときは5チームの発表を見せてもらいましたが、驚いたことに

みんな自主的に内容を考えて自らリハーサルに参加したいと申し出た子たちだそうです!

どれも個性的で面白いわけだwww

みんな~ 発表までもう少し…

頑張ってね~(^^)/

※放送は、3月26日頃になるそうです(ローカル放送)。

人造水田

冬は寂しい季節です。

だって、トンボ飛んでないし・・・(*_*;

なーんてネガティブでは面白くないので、バックヤードのヘンなものを紹介しますw

それは人造水田!

といっても田んぼの泥をこねて水を張っただけ^^;

作った目的は、『エサやりなしでヤゴを育てる!』です。

そーです!またヤゴです!

田んぼには当然ミジンコがおります。

冬の間や乾燥している時期、ミジンコは耐久卵でのり切っています。

田んぼの泥を温めてミジンコが好きそうな環境にしてやると・・・

あーーら不思議!!ミジンコが発生!こやつをエサにヤゴが飼えたらなぁ~

というもので、早速やってみたわけです。

結果この通り!

01

草ボーボー(爆)

 

これはこれでおもしろい!実におもしろい!

ミジンコもちゃんと湧いていおります。

 

この人造水田のお世話といえば、

アオミドロ駆除と蒸発した分の補水程度(たまに液体肥料を少々)です。

02

補水中。泥が舞わないように新聞を引いて水を入れるのがコツ☆

03

アオミドロ駆除。ちまちました作業は苦手ですが、結構楽しい

ヤゴは8匹入っていますが、今のところミジンコとバランスよく生活しています。

04

ピンセットの先に左向きのカオジロトンボのヤゴが♪見えますか?

ヤゴ vs ミジンコは今後も経過観察するとして、

思いがけず水田雑草がニョキニョキ生えるので面白いです。

05

水田雑草の代表 コナギ

06

アメリカアゼナ(外来種)?花も咲きます♪

みなさまもぜひご家庭で人造水田つくってみてくださいw

エンジョイ富山!(夏休みの思い出編)

夏休みも終盤です。

みなさまは夏を満喫できましたでしょうか(^^)

この夏 私の休日は、今年小学1年生になった子供の面倒をみると遊ぶことです(笑)(疲)(楽)。

私の影響か遺伝的なものかはわかりませんが、

息子は魚や昆虫など生き物が大好きです。

 

初めての夏休み。

興味の尽きない息子に様々な体験をさせるべく、川に海に山に大忙しでした(笑)

今回は夏休みの思い出をちょこっと紹介します。

まずは川☆

IMG_4756

常願寺川でハゼ、カジカ観察!透明度が高く気持ちいい(^O^)

 

IMG_4762

冬の間、お風呂で練習していたシューノーケリングw

 

IMG_4775

石の隙間からこちらをのぞくカジカ(中卵型)それをのぞきこむ私(笑)

 

続いて海☆☆

 

IMG_4920

わたしの故郷、あさひ町ヒスイ海岸にて☆

IMG_4891

辺ノ島にて カメノテ発見!!

IMG_4902

辺ノ島から水中メガネでのぞくとキュウセンのオスが見えました(^^)

IMG_4932

暗礁では、ホシギンポがフチツボの殻に産み付けた卵を守る姿が観察できました☆

最後に山☆☆☆

IMG_6831

富山市白木峰(標高1,596m)へトレッキング。気軽に登れて景色がサイコー♪

この日は、泉飼育員、草間飼育員も一緒にトレッキング♪

IMG_6833s

白木峰 浮島の池で出会ったアオイトトンボ。

カオジロトンボには出会えませんでしたが、オオルリボシヤンマはたくさん飛んでました(^^)

浮島の池には、

モリアオガエルのオタマジャクシ、アカハライモリ、クロサンショウウオ、

ミズカマキリ、マツモムシなど

たくさんの生き物が見られました。

水際のモウセンゴケも美しかったな――♪

IMG_6794

登山中に出会ったシマヘビ。この日はシマヘビだけで7,8匹は出会いました(^^)捕まえているのは草間飼育員(とらえた感想は、ここのシマヘビはみんなおとなしいんだとかwww)

 

富山は川も海も山もすぐそこにあるので、

自然が大好きな人にはたまらない環境ですよ―――(^0^)/

 

 

河川減水!!⇒レスキュー

魚津水族館の近くを流れる急流河川の早月川と片貝川が、ご覧のとおり。

20150813早月川早月大橋 (15)

早月川:流れがなくて、ぬるい・・・

猛暑の夏、大規模な減水が起きました(*_*)

冷たい水を好むイワナ、ヤマメ、アユやカジカの仲間は、水温が上がると死んでしまいます。

そうなる前に「できる限り魚たちを救うのだ!」ということで

魚津水族館では「おさかなレスキュー」と題して、川にとり残された魚を救出し

展示水槽へ移動しています。

20150813片貝川レスキュー (5)s

片貝川:カジカ中卵型「ぬるいー!!ヘルプミー!!」

20150813片貝川レスキュー (4)s

魚津水族館の水槽:アユカケ「水族館で一安心(・。・;」

何日か繰り返し救出に向かったものの、連日の猛暑で川はどんどん減水し、

水温も23-25℃↑↑↑(汗)上昇する一方です。

魚たちが取り残されていた水溜りにはたくさんのカジカ、アユ、ウグイが

真っ白なお腹を向け死んでいました。

20150813片貝川レスキュー (3)s

片貝川:浮いているアユたち

20150813早月川早月大橋 (2)

早月川:苦しそうに口を空けたアユカケ

20150813早月川早月大橋 (9)

早月川:アユカケ、カンキョウカジカ、カジカ中卵型が大量に・・・(涙)

死んでしまったたくさんの魚たちをみると、無残な気持ちになります。

上流は水があって、中流から水を引いている用水路には水があるのに・・・、

本流の下流域には水がなくて川にすむ仲間たちが死んでいるなんて

悲しすぎます・・・

20150813片貝川レスキュー (8)s

片貝川:干上がっているたくさんのウグイ(泣)

20150813片貝川レスキュー (9)s

悲しそうに現状を撮影する斎藤飼育員(T_T)

レスキューできたのは、残念ながらほんの一部です。

魚たちが安心してすめる川であってほしいものです。

 

変態技w!

現在開催中の夏の特別展 トリック展~さかなたちの㊙能力大特集~

のおすすめコーナーを紹介しますよー(^o^)/

こちら!

IMG_5841

トンボとヤゴの㊙能力コーナー♪

「またトンボかー」とか言わないで(笑)

IMG_5842

①成虫からアミダをたどると ツツー・・・

IMG_5843

②TONBOXに到達! パカッと開けば!?

IMG_5844

③そのトンボのヤゴ期の脱皮殻標本に到達!

このコーナーでは、オニヤンマ、コオニヤンマ、コヤマトンボ、コシボソヤンマを展示しています。(ヤゴは生体も展示♪)

この4種のヤゴは、富山の川で魚を採集していると必ず出会える仲間たちです。

いつの日か、どうにか彼らを展示したいと考えておりまして。。。

この特別展の展示生物を考えているときピーーンときました。

ナゼかって?

それは

この4種は、トンボ(成虫)の姿はソックリ、でもヤゴ(幼虫)の時期は姿形が全然違うのです!!!

これは面白い!大変身やー!大変態やー!!㊙能力や~

と いうわけで、このコーナーを作成したわけです^m^

 

IMG_5854

脱皮殻オブジェw

 

 

IMG_5855

担当者の遊び心が随所に見れます ねw?

 

 

 

そして、ヤゴのかっこよさを一人でも多くの人に知ってもらうために、

脱皮殻は下唇(かしん)を伸ばしている姿で固定して標本にしました。

IMG_5844 (2)

男心をキャッチするお姿!!ナイス♪

下唇を使って一瞬にして獲物を捕らえる姿はまさにヤゴの㊙能力です!

特別展のなかでもほんの一角の紹介ですが、

今回もこだわりの面白展示が満載です!

夏休み中にぜひ遊びに来てください―!(^^)!

バックヤードで見てちょーだい☆

きたる平成27年7月25日(土)、26日(日)

夏休みのイベントとして「学芸員と一緒に裏方探検&餌やりツアー」を開催します。

ま 簡単に申しますと、バックヤード見学と餌やり +α面白話しです(笑)

僕は両日とも午後の部(13:30~)を担当します。

エサやりは、水族館前にある屋外円形水槽にて

イトウ、シロチョウザメ、先日富山湾で捕獲されたダウリアチョウザメにエサをあげちゃいます!!

なかでもダウリアチョウザメがエサを食べるシーンは

あわわわ\(◎o◎)/!

ってなります!!

+αは、皆様のご要望にお応えして(?)

トンボ&ヤゴのセット標本を見てほしい!!と考えております^m^

というわけで、7/4にバックヤードで羽化した僕の仲間たちを紹介します☆

IMG_5291

ヤンマ界一魅力的なくびれをもつ コシボソヤンマ

 

IMG_5289

オスもメスも美しい☆ オオシオカラトンボ

IMG_5286

ギンバエ、アオカナブンをも凌ぐ☆ギラギラトンボ☆ タカネトンボ

 

IMG_5536

タカネトンボ 横から! ねっ!ギッラギラ☆★☆★

 

IMG_5281

単純にかっこいい! ルリボシヤンマ

多いときは、一日でこんなにも羽化します!

最近では、朝 バックヤードのゴーヤーコーナー(←ヤゴの飼育場を勝手に命名w)をチェックして回るのが何よりの楽しみです♪

だって こんなに美しいハネ ウルウルのトンボは

羽化直後しか見られないんですよ☆☆☆

ツアー時にタイミングよく羽化しているかはわかりませんが、

トンボ&ヤゴのセット標本を見れば

「このトンボってヤゴの時はこんな姿だったの――――!?」

と ヤゴの印象が変わること間違いなしです!

また、マイツアーでは、バックヤードで撮影したヤゴの羽化動画や

ヤゴが狩りをするシーンもお見せしちゃいます。

トンボ好きな方もトンボに興味ないけどこれから好きになる気がしそうな方も

ぜひお申込みください~☆

トンボと一緒に舞って待ってまーす(^O^)