妖精のような幼生

田んぼの生物多様性コーナーで展示中のアカハライモリが、1月中旬から産卵していたのですが、

無事にフ化しました!

DSC_0118

卵は1つずつ、丁寧に葉っぱなどに包んで産み付けられます。

30193456

フ化直前の卵。もう体ができていて、目が確認できます。

卵は約3~4週間でフ化します。(水温17℃)

DSC_4043

フ化直後の幼生。成体とは全然違い、お腹も赤くありません。大きさは1cmほどでとても小さいです。

現在、この小さな幼生を展示しています。愛らしい姿をじっくり観察してください!