食欲旺盛!カショーロ

バックヤードには「趣味コーナー」といって、飼育係がお気に入りの生物(展示予備群)を飼育している場所があります。
そこで私が飼育している、アルマータス・ペーシュカショーロの餌付けの苦労話を聞いてください!

厳つい顔つき\(◎o◎)/

カショーロは「ザ・肉食!」という感じの怖い顔の通り、自然界では生きた魚を食べています。

なので、最初は生きた魚を与えて「水面に落ちてきたものはエサ」だと認識させます。

それを何日か繰り返してから死んだ魚を水槽に入れてみると、すんなり食べてくれました(^^)♪

ですが、栄養のバランスを考えて

「ペレット(人工的に作られたエサ)を食べてほしい!」と思い、餌付けることにしました。

栄養満点ペレット

「ペレットもすぐに食べるはず!」と思っていたのですが、ペレットを水槽に落としてもカショーロは無反応…。

この状態が何日も続いたので、同じ水槽の中にペレットを食べるフナを入れて、

フナにつられて食べるように仕向けました。

しかし、そのフナにビビってしまいなかなか食べようとしません (T_T)

それでも辛抱強く水槽の遠くからペレットを投げ入れる方法で与え続けていると、

フナにもビビらなくなり、半年間の苦労の末餌付けに成功しました(^o^)☆

今では飛びつくようにペレットを食べているので、この調子でモリモリ食べてどんどん成長してほしいです!(*^_^*)