ハナオコゼが産卵!

前回紹介したハナオコゼが、搬入日の夜に産卵しました!

写真のクラゲのように見えるのが卵塊です。

ハナオコゼの卵は、ゼリー状の物質に 包まれている凝集浮遊卵で、時間がたつとゼリー状の物質が崩れて分離浮遊卵になります。

卵は抱卵後48時間ほどで孵化するとされますが、この水槽にはメスしかいないので、 残念ながら無精卵です。
現在、卵塊の展示はしていませんが、ハナオコゼは多回産卵なので、次回産んだ時には期間限定展示をしようかな。