マニアも集まれ~!富山のヨシノボリ全員集合!

ヨシノボリ好きの方は必見!なかなかマニアックな展示を富山の河川コーナーと田んぼの生物多様性コーナーで開始しましたよ(^o^)/

なんと、富山県に生息しているヨシノボリの仲間、ゴクラクハゼ、シマヨシノボリ、ルリヨシノボリ、オオヨシノボリ、クロヨシノボリ、トウヨシノボリ、カワヨシノボリを、今なら全てうおすいで見ることができちゃうんです!

富山県の上市川が日本海側における分布の東限であるカワヨシノボリ

富山県の上市川が日本海側における分布の東限であるカワヨシノボリ

そもそもヨシノボリってなによ?という方のために説明すると、ヨシノボリは川にすむハゼの仲間で、一生を川だけで過ごすものと、川と海を行き来するものがいます。腹ビレは吸盤のようになっていて、速い流れの中でも石にくっつくことで、流されずに泳ぐことができるのです!この吸盤なら葦(植物)にも登れるだろうということで「葦 登(ヨシ ノボリ)」という名前になったそうですが、実際葦に登っている姿を見たことはありません…笑

腹ビレの吸盤

腹ビレの吸盤

中でもこのオオヨシノボリ♂の吸着力は群を抜いています!!\(◎o◎)/

中でもこのオオヨシノボリ♂の吸着力は群を抜いています!!\(◎o◎)/

富山県の河川の中・下流域には、シマヨシノボリやトウヨシノボリ、ルリヨシノボリ、ゴクラクハゼが、上・中流域にはオオヨシノボリやカワヨシノボリが見られます。しかし、クロヨシノボリは近年、全く姿が確認されていませんでした。それがなんと、今年13年ぶりに県西部で発見されたのです!!(゜o゜)ということで、ひみラボ水族館の西尾さん、川上さんと一緒にクロヨシノボリの生息地調査へ行ってきました。クロヨシノボリが見つかったという川へ行ってみると、えーこんなところに本当にいるのー??という環境…。川でクロヨシノボリに出会ったことがなかったので、半信半疑で調査していると、ようやくクロヨシノボリに出会うことができました(^^)

ん?ピント合ってないけど、これクロヨシ…?

ん?ピント合ってないけど、これクロヨシ…?

水槽に入れてよく見てみると、す~っごく美しい!

水槽に入れてよく見てみると、す~っごく美しい!

クロヨシノボリを見たい方はぜひうおすいへ (^o^)/また、ヨシノボリの仲間7種類の見分け方もパネルで紹介しているので、ぜひこのマニアックな魚たちを全種類制覇してください!もしどれがどれだかわからなかったら、気軽に私を呼んでくださいね(^^)じっくり見分け方を伝授しちゃいます!

さぁ、みんなで富山のヨシノボリマスターになりましょ~!