スマホ用メニュー

展示ガイド

サンゴ礁

地球温暖化の観点から重要とされる「サンゴ礁」を紹介します。多種多様なサンゴや、昼と夜の違いなど、サンゴの意外な一面が発見できます!

見どころ

共生する生き物 サンゴ礁にはたくさんの種類の生き物が生息しています。それらの生き物は様々な関係で繋がっています。同じ種類あるいは他の種類の生き物と助け合って暮らすものもたくさんいます。彼らの多様な暮らしぶりに注目してください。
見どころ

昼のサンゴ、夜のサンゴ 浅い海に棲むサンゴの多くは、昼間は光合成をして、夜になると自分でエサを捕まえて栄養を得ています。そのため昼と夜とで姿が変わります。夜を再現した水槽の窓を覗いて、その違いを見比べてみましょう。
見どころ

サンゴ礁の多様性 サンゴ礁には複雑な地形があります。そこは小さな生き物にとっては絶好の隠れ場所になるので、魚やカニや貝など、たくさんの生き物が暮らしています。展示しているのは極僅かな生き物だけですが、サンゴ礁の生物多様性を垣間見ることができます。

ここで見られる主な生物

  • チンアナゴ
    チンアナゴ
  • ハナガタサンゴ
    ハナガタサンゴ
  • チヂミトサカ
    チヂミトサカ
  • ミドリイシ類
    ミドリイシ類

ここを見てほしい!

このコーナーの水槽は明るい照明を使用しています。そのためどの水槽にもすぐにコケが生えてきます。カラフルな生き物をありのままの状態で見てもらいたいので、飼育員は水槽の掃除を毎日して綺麗に保っています。日中に掃除をしていることもあるので、水槽の中にスポンジを握った手が伸びてきても驚かないでください。

開館時間 9:00~17:00(入館は16:30まで)

休館日 年末年始(12月29日~1月1日)

お問い合わせ

飼育員が日々更新中!
飼育員のカメラ
飼育員のひとりごと

魚津水族館公式 You Tube チャンネル

ページの先頭へ